スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「賀川豊彦の魅力」のブログを新しく始めるに当たって

一月ほど前から、若い友人の手助けで、「ブログ」というものを初体験しています。
「番町出合いの家 TORIGAI」というもので「ご隠居のボケ防止」の「ひとり遊び」です。もちろんまだ、ほんの手探り状態のままのものです。

ところが数日前から、別の友人から、少し長めの作品も入る別のブログを勧めてもらいました。
早速それには、新たに「対話の時代 宗教・人権・部落問題」という、お堅いタイトルのブログにして、スタートしています。

しかし、いまこの二つのブログをはじめながら、今度は自分の手で、三つ目の新しいブログを探し始めました。なぜかと申しますと、それはプロフィールにも記しましたように、青春時代から「賀川豊彦」について魅かれるものがありました。

現在では「賀川豊彦」といっても、神戸の人でさえ、多くの方々は名前もご存知ありません。
しかし不思議にもご縁があって、賀川豊彦の最初の活動拠点でもあった神戸の教会(日本キリスト教団の「神戸イエス団教会と言います。現在は立派な賀川記念館が完成して、素敵な礼拝堂もあり「賀川ミュージアム」も人気スポットになっています。)より招聘をうけ、2年間この教会で修行をさせていただきました。

その後1968年4月から、「賀川豊彦とその仲間たち」のもうひとつの活動拠点であった神戸市長田区の下町に移り住むことにして、私たちはゴム工場の労働者となり、新しい「家の教会」(「番町出合いの家」という公認に)を開設して、「労働牧師」の実験を始めました。

以来半世紀近く、生活の中で「賀川豊彦の息吹き」を学ぶことができました。その一端をこのブログに書き込むことができればと思いはじめたのです。ここでももちろん「ご隠居のボケ防止」の「ひとり遊び」にすぎません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。