スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 『賀川豊彦の贈りものーいのち輝いて』第2章「部落問題の解決と賀川豊彦」付記「『没後の賀川豊彦』と神戸の『被差別部落』の現在」

11


同時進行の4つのブログで何度も取り上げているように、賀川豊彦のホームグラウンドである「神戸の部落問題」は、大阪や京都や周辺自治体、そして兵庫年内の自治体の中にあって、部落問題の解決の到達段階という側面では、最も早く「同和対策事業」というものを終決させたところではないか、と思われます。


今回の箇所でも指摘しているように、今日も「都市問題」や「高齢者問題」などという地域の課題は共通の課題を残していますが、1960年代後半から本格化した部落問題解決に打ち込んできた歴史的過程を、より精確に実証的に把握して、展望を確認する課題は、不可欠なことです。


『神戸からの発信』は、これまでにも折々に発信してきましたが、ここでは2008年5月に「NPOまちづくり神戸・神戸人権交流協議会」が纏めた「自立型まちづくり運動」のレポートを掲載しておみます。


12



              *             *




以下、今回の本文です。



13



14



15



今回も傾いたりしてしまいました。しかし、少し文字は大きくできたかと思います。
次回は、この頁より


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。