スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『賀川豊彦の贈りものーいのち輝いて』第3章「21世紀に生きる賀川豊彦ー徳島信徒会総会」第1節「賀川豊彦は、今も生きている」

「徳島信徒会総会」の会場となった「鳴門市賀川豊彦記念館」は、HPがありますからそちらを覗いていただけば、その全容がわかります。


本文でも、この記念館の建てられている場所が「阿波のまほろば」と呼ばれるほどに、特別の土地柄を感じさせるところに思われます。


ところで、本文に触れている賀川豊彦の書「下座奉仕」と「純潔平和」の掲げられていた堀江町公民館の写真を、賀川生誕百年記念の1988年9月24日に初めて訪れた折りに写していましたので、それをここに掲載して置きます。


賀川豊彦が晩年、1956年1月7日、堀江町公民館でお話をした時の書のようです。現在この書は、鳴門市賀川豊彦記念館に移されています。


1


2



では、本文を掲載します。どうも、文字が小さくていけませんね。



3


4


5


6


7




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。