スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『賀川豊彦の贈りものーいのち輝いて』第5章「いのち輝いてー神戸からの報告」はじめに

1


この挿絵は、研究所時代から月刊雑誌に寄せて頂いてきた浜中敬朔先生の作品です。自由に活用してもよいと許しをいただいていますので、ブログの中で時折UPさせていただきます。長く教育文化協同組合の責任をになって、現在もご活躍の先生で、国語の先生だったと思いますが、書や絵や幅広い才能を発揮しておられるお方です。


今回から掲載する第5章は、本書の最終章となります。2005年8月に京都府京丹後市の峰山総合福祉センターで開かれた「第40回人権教育研究大会」での講演記録です。


2002年3月末で所謂「同和対策事業」に関わる法的措置が終了し、新たな視座からの基礎的な人権問題(人権教育)へと移行していく中でのお話ですが、現在から振り返りますと歴史の進展の速さを感じあせます。


主催者のご注文に併せて、あれこれと昔話も含めて語っています。ご笑覧ください。



               *          *




2


3


4


5


6


次回は、この頁から掲載します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。