スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『賀川豊彦と現代』だ7章「賀川豊彦と現代」第1節「宗教思想の独創性」4「批判的精神」5「開かれた関心」


昨日は珍しくブログをお休みしました。それは別にブログ「番町出合いの家」の方で書きましたように、昨日は日帰りで徳島へ「阿波踊り」に出掛けていました。

昨日が初日でしたので、例年のように8月15日まで続きます。ご案内も兼ねて、最初にいただいたポスターを1枚収めて置きます。



1



さてはじめに、「山田 豊作品」を1枚掲載させていただいていますので、まずそれを収めます。



2




今回は、標記のように、「4 批判的精神」と「5 開かれた関心」の箇所です。賀川豊彦の歴史的限界性などを厳正に把握するには、その積極的な評価も伴わなければなりません。



3



4



5



末尾ながら、残暑お見舞い申し上げます。
今回も、少し傾きがありますが、ご愛嬌で・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。