スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔ばなし(第10回)

1




村島帰之の労働運動昔ばなし(10)

『労働研究』(第137号)1959年7月号連載分


             第二回 川崎造船所と松方社長

          
               第一次大戦の造船ブーム


 大正七年九月、わたしが大阪毎日新聞本社から同神戸支局へ転勤した時は、第一次世界大戦のさい中で、兵庫県では今日でいう造船ブームで有卦に入っていた。

 その頃県下にあった造船工場は十六箇所、職工数は約四万人、その中、約一万一千人の職工を擁する川崎造船所と、約八千三百大の職工を使用する三菱造船所は両横綱で、日に夜をついで造船工事を急いでいた。中でも松方幸次郎氏を社長とする川崎造船所では日米船鉄交換による輸入材料でストックボ―卜の建造中だった。

 九千噸型一隻を竜骨据付後二十四日間で進水させようとして、熟練職工約五百人づつ毎夜交替で夜を徹して工事を急いでいた。船体の鋲を打つけたたましいエヤ・リベットの音に圧倒されながら、大きな竜骨の下を歩いた時の感銘を今も忘れない。

 同じ頃、平塚らいてう氏も造船所を見て廻って「働いている人たちの姿が崇高に見えて感激しました」と昂奮して語っていたことを思い出す。

 しかし、造船業の繁昌は勢い労働の強化となって、職工は残業徹夜を繰返さねばならなかった。「このごろのように忙しくては全くからだが参りはしないかと思います」と異口同音に語っていた。そのかわり給料は半月毎にたんまりとポケットにはいった。たとえ年少の平職工でも日給八十銭は貰っていたから、これに七割の戦時歩増、二時間残業に対する三割の残業歩増、それに二割の竣工歩増を加えると少なくも一日一円七十銭乃至二円――月収入約五、六十円(今日の二万五千円ぐらい)にはなった。

 これが職長伍長の役付ともなると百円――今日の五万円を上廻って、ホワイト・カラーのサラリーマンなどの到底及ぶところではなかった。

 ちょうどその頃、安池川鉄工所をやめて友愛会大阪連合会主務になった西尾末広氏は工場では月収百円を下らなかったのに、組合の有給職員となると、一ぺんに六十円に減収となって随分困ったという話も聞いた。

 当時、大学を出ても百円の俸給をもらうようになるには相当の年期を入れねばならなかったのだから、造船工のふところのあたたかかったことは事実だ。

   (つづく)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。