スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔ばなし(第31回)

1


「颱風一過」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



村島帰之の労働運動昔ばなし(31

『労働研究』(第141号)1959年11月号連載分


                第四回 友愛会長と友愛婆さん

      (前回の続き)

                   労働問題討論会


 その頃の事だったと思う。神戸の友愛会が主催して、神戸YMCAで労働問題討論会を催したことがあった。その時の討論会のプログラムが残っているが、それを見ると、当時の友愛会の元気な連中の名がズラリと並んでいてなつかしさを禁じ得ない。

 討論会の刷物によると、議長は今井嘉幸博士、副議長は高山義三氏、そして討論者は多分議会を模したのであろう左右両派にわかれて、右派の指導者はわたし、左派の指導者は賀川氏ということになっている。

 討論の議題は八つで、それぞれ弁士が割当てられてあるがなつかしい人の名を拾って見ると、

 一、労働運動は経済運動にとどまるべきや、政治運動にまで干渉すべきや
  (弁士)灘重太郎、沢井重太郎、大阪 早川由之助その他
 二、労働保険は組合組織によるべきか、政府によるべきか
 ’(弁士)越川豊治、出羽栄太郎その他
 三、八時間労働制は可か否か      
  (弁士)木村錠吉、安本仁、和田惣兵衛その他
 四、労働組合法の必要ありや否や
  (弁士)須々木純一、安井喜三、浜名兼三その他
 五、普通選挙は年齢別によるべきや、世帯別によるべきや
  (弁士)青柿善一郎、門田清七、疋田平作その他
 六、住宅問題を組合の問題とすべきや、市の問題となすべきや             
  (弁士)前川萬治郎、川島氏、大阪 西尾末広、同島種吉その他
 七、最低質銀制を採るべきか
  (弁士)野倉萬治、田辺一、福水宇太郎その他
 八、強制仲裁の可否
  (弁士)行政長蔵、胸永大助、栄二郎その他



                パリ戻りの会長を迎えて


 そうこうしているところへ、八年のはじめに鈴木氏は平和会議からさっそうとして帰朝し、まず神戸へやって来た。神戸の友愛会員は、船で神戸へ着いた西園寺全権以上に鈴木会長の帰朝を歓迎することとした。

 これより少し前、久留弘三氏が新妻を迎え、お祝いの返礼をかれて大太鼓を友愛会へ寄附したが、鈴木氏の歓迎にはこれを使うこととしたほか、特に二頭立の馬車を仕立て、三宮駅まで神戸の組合員が大ぜいで出迎えた。

 鈴木会長を乗せた二頭立馬車は、大太鼓を先頭に堂々隊列を組んで労働歌を高唱しながら神戸の目貫き通りを示威行進した。馬車には松岡駒吉氏と久留弘三氏とわたしが同乗し、馭者台には海員部の浜田国太郎氏が乗っていた。馬車につづく行列の中には大阪から馳せ参じた友愛会員もいたが、西尾末広氏もその一人だった。


         写真 鈴木友愛会会長を迎えて(大正8年)

      2

       写真左より 久留 松任 賀川 鈴木 高山 村島 藤岡


 西尾氏は職工組合同志会から友愛会へ移って間もない頃でこのデモのあった直ぐあと、松岡・久留両氏やわたしの推せんで、多くの先輩をぬいて大阪連合会主務となり、大戦後、続発した大阪の大争議に名指揮者ぶりを示したが主務になった時、先輩たちは不満を鳴らした。

 現にわたしに向って、
 「西尾はオイラと同じ労働者やないですか。それが主務になって………」
 と不平をぶちまけた一支部長もあった。今なら反対に「オイラと違うインテリや、それが主務になったりして」とインテリ主務をこそ排斥したことだろうに――。

 しかし、インテリが重んぜられたのも大正初期だけで、やがて大正も十年を過ぎると、サンジカリズムの嵐が吹き荒れて、知識分子排斥の声が高まり、学識の深い者以外は、有能な労働者出身のリーダーの進出で、自然と消されてしまう結果となった。

 西尾末広氏は自伝「大衆と共に」のなかで、「知識階級は消えて行った」と記しているが、消えて行った理由は本人の自由意志よりも、後から来た者がより強力だったため、おのずと消え去らざるを得なかった向もあったのではないかと思う。鈴木文治氏は最後まで残ったが、労働者出身者よりも、新しく進出した尖鋭なインテリ分子によって押し出された感がある。

 しかし、神戸の友愛会の人々は、一二の例外を除いて鈴木氏を永く支持した。

    (続く)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。