スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔ばなし(第41回)

1


「わが故郷」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



村島帰之の労働運動昔ばなし(41

『労働研究』(第143号)1960年2月号連載分

             第六回 大正6年の三菱争議
                 ―主役を演じた3人の基督者

  
            高山豊三と安井喜三


 神戸の労働争議といえば、誰しも直ぐ大正八年のサボと、十年の大ストを連想するが、しかしこれが神戸の争議のはじめではない。

 大正六年の夏に三菱造船所の兵庫工場で争議が起っている。そして当時の唯一の労働組合友愛会は、この三菱争議に兵庫県知事の要請で居中調停に乗出して、ボヤのうちに解決した。このことは世間でもあまり知られずにいるし、記録にも残っていない。

 その頃の友愛会神戸聯合会主務は高山豊三だった。前にも述べたが、この高山は後に京都市長になった高山義三ではない。同じクリスト教信者である上、たった一宇違いなのでいつも間違えられがちだった。

 義三の方はまだその頃は京大を出たてのホヤホヤで、学生時代からやっていた友愛会の京都支部長として、京都市電の争議などにも活躍していた。後に神戸へ来て弁護士を開業して、友愛会神戸連合会のために力を尽したことは後に述べる。

 豊三の方は鈴木文治が友愛会を創立した当初からの協力者で、大正六年二月、神戸連合会主務となり、わずか九ヵ月間の短期間だったがまじめに神戸の友愛会を指導したのである。

 大正六年夏のある日、高山主務のもとへあわただしく駈けこんで来た男があった。熊本弁でその上昂奮してどもりながら早口にしゃべり立てる言葉は、よく聞きとれぬ程だったが、とにかく、三菱造船所に争議が起ろうとしているから、友愛会としても直ぐ応援に出動してくれということだけは判った。

 この男は安井喜三といって熱心な友愛会員、肥後の刀鍛冶の末えいだという話で、いつも肩ひじを怒らせて議論をしたが、幼時、脳をわずらったとかで頭は少し弱い方だっだが、熱情の持主でカトリックの信仰をもっていた。年はわたしよりは少し上で三十才に近かかったように思う。

 大正十年の神戸の大争議にも彼は三菱造船所罷業団の代表者に選ばれ、三菱造船所会長の武田中将と折衝し、デモの陣頭にも立ったが六年の三菱争議では彼は小勢な友愛会兵庫支部をひっさげてその中心人物となっていた。

    (つづく)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。