スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔ばなし(第42回)

1


「故郷・関金温泉での小学時代の同窓会」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



村島帰之の労働運動昔ばなし(42

『労働研究』(第143号)1960年2月号連載分

            第六回 大正6年の三菱争議
                ―主役を演じた3人の基督者
  

  (前回に続く)
      
                   十字架を負って陣頭に


        2
     
                     安井喜三


 安井はわたしの家へは屡々来て親しくしていたが、彼は争議の指導をした時の感想をわたしにこう語った。

 「私はキリスト信者じゃけん、キリストが十字架上に血を流されたそのお気持をもってストの陣頭に立ったのでごわす。仲間のために血を流すことなんぞ、ちーいともおそるるところではごわせんなんだ」安井のこの気持にうそいつわりはなかったと思う。

 さて、この安井の報告を聞いて、高山主務は直ぐ兵庫支部に走った。兵庫支部はどうした風の吹きまわしか、安井のほか、幹部の中に聖公会やプロテスタント教会の信者がいて高山には特に親しみが深かった。高山が駈けつけた時、一足違いで安井を始め友愛会兵庫支部の幹部は兵庫署に検束されていた。

 三菱ではこれより少し前、長崎の造船所で、当時としては珍らしい大ストライキがあって手を焼いた矢先だったので、兵庫工場の動揺に驚いて、逸早く手を打ったらしく、造船所は既に非常警戒の態勢をとり、高山をよせつけようとはしなかった。

 高山はすぐ大阪へ飛んで行って友愛会大阪連合会主務の松岡駒古と相談した。松岡はいうまでもなく後年の友愛会長――総同盟会長で、終戦後、新憲法下、最初の衆議院議長となった男。北海道の室蘭製鋼所職工をやめて友愛会本部員となり、大阪連合会のできるのと同時に初代主務となって来たばかりだったが、同じ本部員出身であり、また同じキリスト教を信仰する関係もあって、何かというと松岡と高山は話しあっていた。


                 清野知事から会見申込


 その頃の友愛会は会長鈴木文治の主張にもとずき、労資協調を主眼としていて、今日のような階級斗争的のものではなく、労働紛争の安全弁たらんとしていたので、高山もこの方針に従い、ストライキは余程切迫した事情の起らない限り起すべきではないと考えていた。

 高山は松岡と話しあって、大阪から夜の九時過ぎに帰宅すると夫人が昂奮した面持でいった。
 「今日は高等刑事が十一回も来ました。そして清野知事があなたに至急面談したいから官舎へ来てほしいといっていられるとの事でした」

 知事からの面会申入れは三菱のことに違いない。そこで「夜分でもかまわなければ参上します」と電話で返事すると、折返し「すぐ面談したい」とのことに、食事もせず、その足で知事官舎へ出かけて行った。

 応接室には知事の吸い残しであろう、葉巻の紫煙か細く立ちのぼっていた。初めて知る葉巻の美薫と、そして夜の官舎の静寂にうっとりしていると、清野知事が私服に寛いでパーラーヘ入って来た。そして打ちとけた態度で三菱問題について話し、高山の意見を聞いた。

 そして、明日、三菱の所長と面談させることを兵庫警察署長を通じて取りはからってくれた。そこで翌日、高山と松岡は三菱造船所へ行き、三木所長と会見、談合した結果、争議はあっさりと解決した。もちろんこれは知事の下工作があったからである。

 大正六年の三菱の争議はわたしの神戸赴任前のことで詳しいことは知らない。前述の記事も戦時中、私か某誌に書いた一文を、その頃いアメリカのサクラメントで牧師をしていた高山が遇然読み、往時を追懐してこまごまと書いてよこしたのに拠ったものである。高山牧師は今どこでどうしているか、わたしは知らない。どこかで本誌を読んで、また昔ばなしを書き送ってくれたらうれしいと思うのだが――。

 それはともかく、六年の三菱争議が安井・高山そして松岡と揃ってキリスト教信者がその衝に当ったことも興味深い。

    (つづく)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。