スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔ばなし(第45回)

1


「ハナミズキ」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



村島帰之の労働運動昔ばなし(45

『労働研究』(第143号)1960年2月号連載分

                第六回 大正6年の三菱争議
                    ―主役を演じた3人の基督者

  
  (前回に続く)
      
                    突飛な受洗志願


 明治三十七年三月、日露戦争が始まって旅順港閉塞の試みがくりかえされ、軍神広瀬中佐の名が国民の間に宣伝されていた。高等小学校を卒えた十六才の少年の私は、戦争の惨禍や害悪など知ろうはずもなく、兵器を作る職工になろうと考えて郷里を離れて軍都舞鶴に出た。はじめにありついた仕事は海兵団のボーイだったが、私はその仕事を好まなかった。

 折柄、新設の舞鶴海軍工廠で機械工見習を募集しているのを聞いて早速これに応募した。数ヵ月の経験で私は機械工として大成するためには技術ばかりでなく、英語を知っていなければならないことを教えられ「ナショナル・リーダー独案内」を買ってきて独学を始めた。

 ところがある日、街を歩いていると、キリスト教会の門口に「英語教授」という貼札のあるのを見、渡りに船と、そこの英語の生徒となった。工廠は夕五時終業の定めだったが戦争で忙しいので毎日二時間の残業があり、七時でないと自分の身体にならぬので英語のレッスンのある日は昼と夜の二度分の弁当をもって工廠にはいり、夕食をおえてから教会へ行った。

 そんなわけで私はほかの生徒の帰ったあとに行ってほとんど個人教授を受けた。牧師小北寅之助氏が先生だった。しかし規定の時間に遅れてゆく私だったので、牧師は用事で他出せねばならぬ場合が多かった。そんな時には牧師の夫人が代って私の初歩のリーダー(ナショナルの巻であった)を教えてくれた。

 冬の夜など、私が行くと今しも夕飯の後片ずけをしたばかりと覚しい夫人が手を拭き拭き出て来たが、いつもにこやかでいささかも迷惑相な顔を見せなかった。

 私にはなぜ夫妻がこうも親切なのか、一介の見習機械工のために、それも時間はずれのときにたった一人でくる自分を親身になって教えてくれる夫妻の親切が、一体どこからくるのか、私はそれが疑問だった。

 夫妻は私には父母といいたい年輩だったが、私をやさしくいたわってくれる愛情にも私は父母を思い出していた。ある夜、古本屋から夫妻たちが読んでいる聖書を買ってきた。夫妻はそれまで一度もキリスト教の話をしなかったし、私も聞こうとはしなかったので、聖書は私には全くの初対面であった。マタイ伝の冒頭の系図は何のことか皆目判らなかったが、飛び飛びに読んで行くうちに強い教訓を読みとることができた。

 神は愛なり――私はそこまできて小北先生夫妻の親切のいわれを知ることができたように思った。

 山上の垂訓には心を打たれた、私はイエスの弟子になろうと決心した、そしてある夜リーダーを学びおわってから、牧師に私の決心を告げた「私に洗礼を授けて下さい、私は基督の弟子になりたいのです。」

 牧師は私の顔を凝視していたが、ややあって笑いながら問うた。

 「でもあなたはまだ一度も教会の礼拝に出て来ないではありませんか」「礼拝に出ないと洗礼は授けられないという規則ですか」「いや別に規則とてはありませんが」
 「では、ぜひ洗礼を授けて下さい」「そうですか、よろしい。では洗礼を授けましよう。だが少し待って下さい、時がきたら、必ず洗礼を授けますから」

 牧師は私の乱暴な申出を、やさしく受けいれてくれた。私はそれからというものは熱心に教会に通った。日曜日の礼拝は、たとい仕事があっても工廠を休んでまで教会へ出た。

 金曜日の祈り会にも欠かさず出た。そして三十七年の夏から教会え行き出して冬になってはじめて小北牧師から洗礼のゆるしを得た。明治三十七年十一月の第一日曜日のことであった。

 私は基督の弟子となることを許された。十九才であった。

 小北牧師も当時の事をよく覚えていられて「私も永いこと牧師をしているが、教会の礼拝に一度も来ないで、祈り方も知らずに受洗志願を申出た人は松岡君のほかに誰もなかったですよ」と笑われた。

   (つづく)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。