スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拙著『賀川豊彦と現代』を紹介して頂いた新聞や雑誌(3)


拙著『賀川豊彦と現代』を紹介して頂いた新聞や雑誌を掲載していますが、その第1回に7月5日の神戸新聞の朝刊のことをとりあげました。


今回は、その後7月12日付けの朝刊の「人」欄で、下の記事が掲載されました。



1




この記事は、元々「共同通信社」の配信になる記事ですが、神戸新聞ではそれに手を加えて、この欄に収めておられます。


恐らくこのように仕上げて掲載されたのも、既述の通り、当時の編集委員の有井基さんではなかったかと、思われます。


因みに、このときの共同通信社の若い記者さんは、私の仕事場の研究所にこられて、話し込んで帰られました。見たところ、穏やかで才気に溢れた好青年でした。


記者さんは、どういう記事を配信されたのか知りませんが、その後、沖縄から北海道まで、地方新聞でそれぞれにアレンジして「人」欄に紹介されていきました。


あちこちから、友人・知人が、手紙など添えて各地の新聞を送ってくれましたので、追い追いそれらもひとつの記録として掲載して置きますが、本書の宣伝には大役を果たすものになったと思います。
この記者さんは、後に南米・北米方面で記者生活を重ねられ、思うところあって医師の世界に転身、現在もどちらかで、素敵なお医者さんとして活躍中という風のたよりも・・・・。


人生、不思議な出会いがあるものです・・・・。




2





ところで、上の記事は、地元神戸の地域雑誌『歴史と神戸』149号(1988年8月)に紹介して頂いた、歴史研究者・落合重信さんの記事です。


落合さんは、私たちが神戸部落問題研究所を設立する時からの中心的な協力者のおひとりで、生前ずっと変わらずご一緒した先達です。先生から譲り受けた貴重な図書資料は現在、兵庫県人権啓発センターに寄贈してあり、そこで閲読出来るようになっています。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。