スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔ばなし(第92回)

1


「KOBE三国志」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



村島帰之の労働運動昔ばなし(92

『労働研究』(第161号)1961年8月号連載分

第十二回 三菱の「九時間労働制」
    ――県下大工場の「右へならえ」


             
                 温情主義への懐疑


 この投書でも判るように、三菱の造船工は、折角の9時間労働制も会社が予期したほどよろこびはしなかったのである。これは、川崎よりも1時間長い労働制であったことに対する失望もあるが、一つには三菱の温情主義的なやり方に対する反撥もあったのではないか、と思う。

 この事実を証明するため、8時間労働9時間労働制が実施される少し前、農商務省から工場監督官の一行が職工の実情調査のため来神し、私か斡旋して、友愛会の幹部一一いずれも川崎、三菱の造船工――との座談会を催した時の筆記(毎日新聞所載)があるから抄記してみる。文語体で読みにくいだろうが原文のままを掲げる。


  第1問 職工優遇を以て聞ゆる三菱に紛議多く川崎に却て少きは如何

 三菱は成るほど白米の日用品廉売をなし、或は病院の設備、慰安会の開設等いわゆる温情主義を発揮せりといえども中間者の処置そのよろしきを得ざるためかえって職工の反感を挑発す。故に三菱の職工は工場が温情主義を以て職工を遇するに拘らず常に賃銀の高き川崎の職工を羨望しつつあり、これ職工優遇を以て聞ゆる三菱に紛議多く優遇施設のなき川崎に紛議少き所以なり。

  第2問 温情主義の不可なる理由

 例えば白米其他の廉売の如き結構なるも貯金をせねばこの恩典に浴するを得ず、故に子沢山にして家計不如意の者は貯金し居らざるため安米を買う能わず見す見す市中の高米を買わざるべからざるに至る。又たとえ買う資格あるものといえども遠方に居住する者は貴重なる時間を費してこれを貰いに行くも結局くたびれもうけとなる事あり、病院のあるは可なるも平職工の家族は役付職工、技術者の家族に比し冷遇を受くる嫌あり。又医員の数少きため診療を受くる迄に多くの時間を要す。故に職工は病院に来らずして附近薬舗に就きて投薬を受くる傾向あり、慰安会の芝居は神戸市のごとき足一歩出れば娯楽設備のある処にては無用の長物ならん。渡されたる切符の数が家族の数に足らざるがため慰安会がむしろ家庭不安会となることもあり、要するに温情主義はその主旨可なるも方法宜しきを得ざるが故に職工仲間には歓迎せられず。

  第3問 工場内の施設は完全なりや

 食堂の設備ある工場にありては一時に多人数はいることとて肩摩轂撃その不快云わん方なく、叉これなきものにありては煤煙塵埃等遠慮会釈なく弁当に降下し折角の白飯も一見ゴマ飯の如くなるを常とす。脱衣所の設備なきため工場内の一隅に空箱を置きてこれに充当するなど実例に乏しからず。
 
  第4問 職工は故意に工場の設備を利用せざるにあらずや

 利用せざるにあらずして利用せしめざるなり。例えば洗面所の如き工場内に1、2箇所ありたりとするも一時に何千という職工が殺倒する時は如何ともする能わざるなり、質問者は職工は何故手を洗わずして飯を食うやといわるるもその機関の備らざるのみならず、食事時間が限られ居ることとてそんなことをしていては食事の時間無きにいたるべし。
 
  第5問 休日は如何

 工場表面の規定によれば休日は毎月2回あるもその内規には休日の項に除外例を設け「但し、急施工事の場合はこの限りにあらず」とありて繁忙なる部に属する職工の如きは数箇月1日も休む能わざる者すらあり。
 
  第6問 負傷病気は如何

 製罐職工の聾、機械工の指肢不足、鋳工のソコヒ、鍛工の火傷の如きむしろこれにかからざるを不思議とする程なり、残業をなす場合など特にこれらの負傷多く三菱、川崎両工場のみにても1日の負傷者100人を下らざるべし。病気は呼器病の如き甚だ多し、今日の如く残業を始終やっていては身体が弱って病気の出るのも当然なり。
 
  第7問 近来成金職工頻出すと聞く如何

 成金職工は工長、組長等の中に或は1、2これあらんも他は幾分収入の増加に依り多少贅沢をなす者ありと雖も成金職工という程ではあるまじ、尚ここに収入の増加という賃銀の増加にあらずして仕事の増加なればこの点注意を要す、質問者は「職工中近来金縁眼鏡をかけ、金時計を下ぐるものあり」と云わるるもコハ1、2の人に止まりこれを以て全豹を律し能わざるや勿論なり。

       (つづく)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。