スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔bなし(第94回)

1


「会下山公園」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



村島帰之の労働運動昔ばなし(94

『労働研究』(第161号)1961年8月号連載分

第十二回 三菱の「九時間労働制」
    ――県下大工場の「右へならえ」


             
             代表100工場の労働時間

      (この項、前回のつづき)

                 実際勤務時間の緩和

 以上、労働時間と休憩時間とを説明したが、その前者を合算したものがすなわち各従業員の勤務時間となるのである。今、労働時間(実働時間)休憩時間及び勤務時間の三者を並記すると

          正味労働時間    休憩時間   勤務時間
官営工場       8時56分      59分    9時55分
民営工場       9.10        50     10.00
繊維工場       10.00        64    11.04 
機械工場       8.36        43     9.19
化学工場       8.42        56     9.37
飲食工場       9.12        56     10.08
特殊工場       8.43        56     9.38
雑工場        8.52        56     9.48
平 均        9.13        55     10.08

 
 すなわち官営工場は勤務及実働時間共に短い上に休憩時間が短くて、最も望ましい状況を見せ、又民営工場中では、休憩時間は少しく短いが、機械工場が最も勤務時間短くて9時間19分これに次いでは化学、特殊、雑飲食の順で、繊維工場が最も長い時間-11時間4分-を工場に括られている現況である。即ち繊維工場に働く女工達はだらだらと牛の涎の如き労働条件を課せられているものであって、休憩時間の比較的長い事などは問題でない。各業態を通じ最も遅れた労働条件といはねばならない。



                残業労働時間を加算せよ

 尚ここに注意を要するのは、上記の勤務時間が、真の勤務時間の総和でないことである。上記の表に9時間といい、10時間というのは原則としての勤務時間で、実際の勤務時間は、この外に「残業時間」を加えねばならない。多くの工場では残業を課す。労働者は収入の少きを補うために悦んで此の労働時間の延長に応じる。

 先年「8時間労働制」を実施した工場が多かったが、その所謂8時間というのは、名目の勤務時間一―原則的労働時問――であって謂わば単位時間であったのである。然らば、残業時間の状態は如何。

 今回の調査工場156中残業を課しているのは92工場、すなわち5割9分を占めている。今、残業工場数を示すと

         残業工場数     公工場数    割合
官営工場      5         7      7割1
民営工場      87       149     5.7
繊維工場      14        38     3.7
機械工場      29        47     6.2
化学工場      21        34     6.2
飲食工場       5         7     7.1
特殊工場       8        10     8.0
雑工場       15        20     7.5
合  計      92       156     5.9

 すなわち官営工場では7割まで残業しているが、民営では梢下って6割弱である。民営工場で最も残業率の高いのは特殊工場で8割、一番少いのは繊維工場である。繊維工場に残業の少いのは、繊維工場が11時間労働の二交代制度になっているからである。



                 残業時間の長さ

 残章時間の長さは如何というに

  残業1時間  6     2時間  70
    3時間  8      4時間  4
    5時間  4      計   92

 すなわち8割近く迄は残業2時間を課している。これに名目勤務時間(休憩時間を含む)の平均10時間8分を加算すれば実際の勤務時間は12時間8分ともなり、1日24時間の半を工場に暮していることになる。『8時間眠り、8時間働き8時間遊ぶ』という先進国労働者のモットーはわが国の労働者に取ってば、まだまだ先の話かも知れない。


    (つづく)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。