スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村島帰之の労働運動昔ばなし(第96回)

1

「震災で傷んだ狛犬」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



村島帰之の労働運動昔ばなし(96

『労働研究』(第162号)1961年9月号連載分

     第十三回 労働組合のPR活動
             ―播磨造船所と神戸市電の要求一



              播磨造船所の労働事情


 川崎造船所の8時間労働制の波紋は地元の同業三菱造船所を始め鈴木製鋼所その他に連鎖反応を起こさせたばかりでなく、同じ兵庫県でも播州の僻地の相生町にある播磨造船所にまで波及した。播磨造船所は現在は石川島造船所と合併しているが当時は「帝国汽船株式会社播磨造船所」といって、川崎・三菱に次ぐ大造船所で大正8年頃は職工5千6百人を擁していた。その中、2千人までは地元の人たちで、九州・中国からの出稼者は会社の建て付住宅に住んでいた。私はたびたびそこを訪ずれた。那波駅で汽車を降りてから、約1里を人力車にゆられて行ったのだが、田舎道と想像していたのが意外にも街がつづいて、それがみな同じような新建の職工さん向きの小住宅で、この町全体が造船所のテリトリーであることがすぐうなずけた。会社の方針は川崎造船所ほどドライではなく、また三菱造船所ほど温情主義に偏してもいないでその中間にあるような感じをうけた。

 現に、私か車上から見た西脇の小住宅も会社が建てたものだが、職工住宅は4畳半、6畳、3畳の3間のバラックがほとんどで、家賃は3円50銭。当時としては決して安い家賃とはいえない。それで、造船所の北村庶務課長に会ってその事をいうと「その通りです。しかし、家賃を法外に安くして、その代り与えるべき賃金を与えないという温情主義は当社の方針ではございません」という説明でめった。三菱同様、白米の廉売もしていたが、市価55銭程度のものを45銭で取次ぐだけで、むしろ実費販売という方が適当だった。その代り、給与の方は地方の造船所としては「まず上等といえましょう」といって賃金表を見せてくれた。それによると、本給は平均1円40銭、これに歩増がつくので大抵の者は60~70円の収入がある。(当時、大学卒業生の初任給は30円から50円の範囲だったからいい方たった)就業時間は9時間半。これが川崎の8時間労働制実施で右へならえをした。しかし請負制の鋲打工とほかの取付工とでは利害が一致せず8時間制の実施を機会に単価賃金の値上を要求してストに突入した。8年10月のことだった。

 その頃、播磨造船所は12万噸の造船能力を目ざして生産向上を図っていて、出勤者の2割が徹夜、4割が4時間残業をやっているので歩増の収入が多く、徹夜の場合などは20割という特別歩増がついた。それで労働は過重だが実収はよく、名目就業時間の短縮で、給与の割出しが変り、それだけ残業歩増もふえたので、ストは始めたものの強いて会社に楯をつくという気持はなく会社と話しあった結果間もなく要求を撤回した。

    (つづく)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。