スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載:賀川豊彦の著作ー序文など(第17回)

1

「冬の布引ハーブ園」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



    賀川豊彦の著作ー序文など

        わが蔵書棚より刊行順に並べる

                第17回
  

          空中征服

         大正11年12月13日 改造社 380頁

 賀川の小説の第一作はいうまでもなく大正9年の『死線を越えて』であり、その「中巻」となる『太陽を射るもの』が翌年(大正10年)に出版されました。そして本書『空中征服』はそれに続いて大正11年の年末に出ています。

 この大正11年に出版された賀川の作品は、本書の3日前に『生命宗教と生命芸術』が、その1っか月前に『生存競争の哲学』が、その他『星より星への通路』『聖書社会学の研究』などが量産されています。

 賀川の生活は『死線を越えて』以後、その生活は激変していた中、大正11年に彼は「大阪日報」に82回にわたる連載小説を執筆していたのですから驚きです。

 それがこの歳の暮れに完成して、これまた「刊行10日で11版を重ねるベストセラーとなった」といいます。手元の原書は、初版が13日に発行されて、その4日後の第5版です。

         *               *

 この小説は新聞連載のときに、自ら挿画も描いていたのでしょうか、81枚もの彼の風刺画が収められています。どれもこれも賀川の得意満面の逸品です。はじめの数枚をこのブログですでにスキャンしてお見せしています。

 現物をまだ見ていませんが、本書は昭和3年に装丁を代えて改版がつくられています。

 そして「賀川生誕百年」の記念の翌年(1989年)には、日本生活協同組合連合会が「CO・OPライブラリー」の第3巻として新版を刊行しました。これには、金井新二氏の「解説」と賀川純基氏の「あとがき」がつけられています。そしてこの年に、社会思想社の「現代教養文庫」の一冊に加えられました。

 『賀川豊彦全集』第9巻にも本書は収められていますが、巻末の武藤富男氏の「解説」には、戦前に賀川が武藤にこういったと書かれています。

 「私は絵描きを志していれば相当な画家になれた。私は描こうとする映像が、まだ描かないうちに眼前に浮かんでくる」

 今回は小説ですので、賀川の『序文』はありません。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。