スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載:賀川豊彦の著作ー序文など(第43回)

1

「小旅行の往路:琵琶湖・湖西線」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)



    賀川豊彦の著作―序文など

         わが蔵書棚より刊行順に並べる

                   第43回


         聖浄と歓喜

          昭和4年3日25日 日曜世界社 271頁

 本書『聖浄と歓喜』は全集に入っていませんが、これもその多くが賀川豊彦の講演筆記を個人誌『雲の柱』に毎月掲載されていた作品ですが、当時の『雲の柱』の宣伝広告には『献身のすすめ』という書名がつけられていました。

 本書は「魂の捧供(まつり)―聖浄憧憬篇」と「弱きものの誇りー悪戦苦闘篇」の2部構成でできていますが、後にそれらが二分冊にされ、昭和17年に「改定版」として、前半は本書の書名のままとし、後半は『復活の福音』という新しい題名で、それぞれ同じ日曜世界社より出版されています。

 『復活の福音』の方には、賀川の当時の新たな序文がつけられていますので、改めて昭和17年の著作を取り出す段階で触れることにいたします。
それでは今回も、本書の「序」を読んでみます。



            序

 私は聖浄(きよ)くなりたい。
 私は罪と穢れから離れて、天の使いのやうな聖浄潔白のやうなものになりたい。

 私一人だけがさうなりたいのではない。
 私は、私の隣人をも、私の民族をも、私の國家をも、私の住んでゐる教会をもさうあらせたい。

 然し私は、仙人の真似をしたくない。
 私は「黄金律ナッシュ」のやうに、全工場をあげて、キリストの生活に即した職業の潔めを持ちたい。

 人一人が潔まればよいのではない。
 文物、制度、職業、法律、教育、経済、すべてが潔められなければならない。

 求むることによって奥へられ、尋ねることによって會ひ、門を叩くことによって開かれる。
 浄められたいと思へば、浄められ得るものである。

 しかし私は、聖浄といふことを聖愛といふことから分離して考へられない。
 聖浄とは聖愛に充たされたものを云ふのである。

 神によって愛を意識した場合に、神聖が彼の胸に宿ったのである。
 聖浄の道を困難な道と考へてはならない。

 神によって孕まれたるものはすべて、愛につき、聖浄に属く。
 聖浄は人間最後の完成の姿であり、生命芸術の最後の階段である。

 私は凡ゆるものを超えて、この聖浄の世界に帰ってきたい。

 この書は、いろんな機會で私が話した聖浄についての瞑想を、
 私の友人達が筆記してくれられたものである。
 今これを一冊の小冊子に纒める場合に、改めてそれらの友人達に感謝する。

  一九二九、二、二〇
 
             賀  川  豊  彦

               摂津武庫川のほとりにて



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。