スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載:賀川豊彦の著作ー序文など(第55回)

1

「王子動物園」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)




   賀川豊彦の著作―序文など

      わが蔵書棚より刊行順に並べる


               第55回
        

    クリスチャンダイアリー 昭和四年
    Christian DIARY 1929


        昭和3年12月10日 柳沼書店 およそ400頁

 少し後先になりましたが、昭和3年12月に賀川豊彦の編集として『クリスチャンダイアリー』の1929年用を柳沼書店より出版しています。

 これはたまたま見つけたもので、このような日記帳はこれが最初であったのか、それとももっと以前から出していたのかは確認できていませんが、この後にも出版されていたのかもしれません。

 手元にあるものは、1月16日までのところが抜き取られていて、月ごとにカラーの絵が添えられていますが1月のそれもなく、賀川の「序」も入っていたのかもしれませんが、それも欠けています。毎頁に賀川の短い言葉はもちろん、聖書や華厳経、徳冨蘆花やパスカル、ルターやテニソン、フランシスやガンジーなどなどの言葉が掲げられています。

 多忙の賀川がこれを編纂したのかは疑問も残りますが、選ばれている言葉もまた、興味深いものがあります。

 大変立派なつくりになっていますが、ここでは前記の2月4日のところから2月15日までのものを取り出してみます。



            *            *



          二月四日 月曜  神に孕れたる者

 さうだ、噫さうだった。私が神を信じて居るのではない。神が私を孕んでゐるのだ。此麼に永く私が眼を閉ぢねばならぬと云ふ事も其処にあるのだ。窮屈な思ひをせねばならぬと云ふ事も、矢張そこにあるのだ。私は胎まれて居る。神に胎まれて居る。神が私達に何か大きな期待を持って居られるのだ。苦しいから、悲しいからと云って、自暴自棄に陥ってはならない。神が私を胎んで呉れて居るのだ。


          二月五日 火曜  高笑せよ

 我等は高い聲して、笑はなけれぱならぬ。凡ての偶像を笑ひ、几ての虚栄を笑ひ倒さなけれぱならぬ。アリスタイデスの笑ひに、ギリシヤの偶像は低められ、ルシアンの笑ひに、ローマ帝國の偶像は無価値なものにせられた。サーバンテスの笑ひに、封建の騎士は鍋を冠る夢遊病者の扱いを受けた。ボルテールの笑ひにフランスの権力階級に地位は危うくなり、新しき時代がそこに生まれた。笑ふが善い。


  ‘       二月六日 水曜  東洋精紳

 維摩の世界は贖罪の世界である。それは東洋に於ける、至大の芸術である。私はその見地を歩きたい。然し維摩には贖罪の世界に到建する、求道者の道を書いて呉れてゐない。求道者の道を教へて呉れるのは華巌経である。華巌の世界に於て私は、私の魂が地に着い
てゐることを発見する。人はそれを哲學だと云ふ。然し私はそれを、道徳心理學だと考へてゐる。そして私はキリストに於いてのみ東洋精神の完成をみる。


          二月七日 木曜  鉄槌の打おろさるる所

 刻々の生活が、神の心境であり、一切の作業が燃焼したる神の焔である。台所に行っても、神に逢ひ、井戸端に行っても、神にみいられ、エ場に急ぐ、電車の吊革にぷらさがる時も、神に呼吸し、鉄槌を振上げて、鋼鐡版を打ちなめず時にも、神の懐にあることを知
る。これが真正の魂の姿である。


          二月八日 金曜  慈  愛

 聖者は此丈慈悲行に促されて深妙な心を起し、萬有救済の佛智を体して大施行を完ふする為に、自已の一切を捧げて惜むところがない。金、銀、瑪瑙、瑠璃、珊瑚、琥珀、真球などの珍賓、装身具は元より、愛する象、馬、輦與、下僕、婢女、国土、城邑、公園、劇場、妻妾はおるか自らの頭目四肢までも與へて、毫しも惜まぬ。これ全く萬有救済を生命とする佛智を体現せんとするからで、そこには一切を施し尽した上に施に就て與へるとか、受けるとかの考さへ止めぬ。(華厳経)

      
          二月九日 土曜  柔  順

 イエスには柔順な神が現れた。理屈でなければ判らない、現代人には理屈ばかりの神しか現はれて来ない。私はあまリに理屈を云はないで、ごぐ柔順な心で宇宙の心を父と呼んで居る。理屈を言ひたい人が、それを宇宙の法則と云はうが、また宇宙のエネルギーと云はうが、それは私に関した事ではない。私は柔順で居りたい。兎に角私は、宗派の相違で喧嘩するのは大嫌ひである。私に柔順でありたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。