スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載:賀川豊彦の著作ー序文など(第70回)

1

「須磨・旗振山の梅園」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)




   賀川豊彦の著作―序文など

      わが蔵書棚より刊行順に並べる
        
              第70回
   

     海豹の如く

      昭和8年5月10日 大日本雄弁会講談社 441頁

 先に小説『一粒の麦』を出版した大日本雄弁会講談社は、今度はこの海洋小説『海豹の如く』を出して読書界に一石を投じました。講談社の『雄弁』の昭和7年1月より昭和8年6月まで連載されたものですが、本書は戦後昭和22年に、読書展望社より改版されて読み継がれました。

 小説ですが賀川の「序」がありますので、それを取り出して置きます。


        海豹の如く

          序

 海が我々を呼ぶ。黒潮が我々をさし招く。鰹と、鯨と、海豹が、豊葦原の子を差招く。おお、大陸か我々を見棄てても、陸地の二倍半も広い海洋が、我々を待つてゐる。日本男子は、波濤を恐れることを知らない筈だ。因幡の兎は、鰐の頭を踏んで、日本に飛んで来た。我々は、太平洋を鯨の牧場となし、日本海と支那海を鯛と鰊の養魚池としで考へる。

 我々の祖先は海から来た。然し、今の日本人は、その出生地を忘れようとしてゐる。漁民は嘆き、漁忖は廃れ、海を懼るる者が、日々数を増してゆく。彼等を救ふものは日本を救ふ。海は日本の城壁であり、海は日本の大路である。海を理解することなくして、日本の運命は打開出来ない。

 我々は、山を相続しなくとも、海を相続する使命を持つてゐる。それで、私は、日本の若き子等のために、海について自覚すべきことを、この書に書き綴った。日本の議会も、田園も、都会も、海の人に対して頗る冷淡である。殊に貧しき海の労働者に対して、日本国民が与へてゐる注意は、まことにささやかである。そのために、今最も悩んでゐる者は、日夜、波濤と闘ってゐる海の人々である。

 帽子を取って、彼等に最敬礼をなすべき処を、我々は、かへって彼等に、貧乏と、失業とをもって報いてゐる。然し、私は、海を忘れることが出来ない。黒潮は、私に、この書を書くことを命じた。

 太平洋は我々を招く。海豹の呼び声に、我々は呼応して、新日本の黎明を、海洋の真只中に仰がねばならぬ。日本の光栄ある海の歴史を、忘れる者は忘れよ。私は日本をして、永久に、海の寵児であらしめるために、謹んで、この書を海国日本に捧げる。
 
  一九三三年五月
             賀 川 豊 彦


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。