スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載:賀川豊彦の著作ー序文など(第93回)

1

「城崎にて」(本日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)


   賀川豊彦の著作―序文など

       わが蔵書棚より刊行順に並べる
    
               第93回


      『第三紀層の上に』

      昭和13年6月20日 大日本雄弁会講談社 384頁


 本書『第三紀層の上に』は、雑誌『雄弁』講談社の昭和12年1月から昭和13年4月までの「長編小説・第三紀層の上に」に連載された作品です。この出版社からは『一粒の麦』『海豹の如く』『その流域』などを出して話題となりました。

 ここでも賀川の「はしがき」を取り出して置きます。




        『第三紀層の上に』

          はしがき


 北氷洋にすら、エスキモーは住む。天与の国土に、人類の住めない理由は無い。
 ゴビの沙漠にすら、蒙古人種の住んでゐるものを、天与の国土に、人間の住め無い理由は無い。
 日本は、海国で、若も山国だ。八割五分は山を以つて蔽はれ、村落は山と山の間を流れる渓谷に多く作られてゐる。
 然し、その八割五分を占める山岳地帯は、このまま捨てて置いてよいか? 瑞西ではアルプスの七千フィートまでを、牧場として、山の斜面の雑草を食料に変へてゐる。日本の国土には、支那大陸には珍らしい、第三紀層が発達してゐる。その山の絶頂は、準平原と称する高原地帯を成してゐる。
 この準平原を征服し得るなら日本の耕地は、一躍倍加するであらう。水平線に近い渓谷の流域に眼をつけると共に、日本人は準平原である第三紀層に眼をつけるべき筈である。
 然し、豊葦原の開拓者か苦しんだ以上に、第三紀層を開拓する大和民族は、新しい覚悟を以って突進しなければならない。殊に、霊魂の第三紀層を拓くためには一層の努力が必要である。
 人間の第一紀は、肉の世界であった。人間の第二紀は、霊の世界であった。人間の第三紀層に於て、我々は霊肉融合の世界を顕現せねばならぬ。そこに於て、肉は霊の表象であり、肉は霊魂の言葉として、我々に物語られねばならぬ。
 神の言葉である物的宇宙は、神秘なる愛を我々に物語る。
 行け! 豊葦原の若人よ、霊魂の第三紀層を開拓するために、日本国土に発達したる第三紀層を開拓しようではないか。

  昭和一三・五・二九 
         
        賀 川 豊 彦

                大連満洲牧場にて
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。