スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載:賀川豊彦の著作ー序文など(第166回)

1

「昨日のぶらり散歩」(今日のブログ「番町出合いの家」http://plaza.rakuten.co.jp/40223/)


      賀川豊彦の著作―序文など

     わが蔵書棚より刊行順に並べる

           第166回


      明治学院大学基督教学生会編
      『KAGAWA―二十世紀の開拓者』


  
 前回取り上げた著作と同様に、賀川の没年の年末に、明治学院大学基督教学生会編『KAGAWA―二十世紀の開拓者』が、教文館より出版されました。

 これには、都留、鑓田、黒田、村田、遊佐、村島、杉山、木村、木立、小塩、横山、タッピングの12名の諸氏の寄稿があり、これも重要な著作のひとつです。

 巻末には「賀川豊彦の著書」「賀川豊彦年譜」が収められています。ここではふたつの「序」のみ取り出して置きます。

 

                序


 賀川先生に満ち溢れたキリストの愛が私達を捕えました。貧しき者の為に自らの衣を脱ぎ、悩める魂の為に涙をもって十字架の愛を説いた先生の力が私たちにこの出版を計画させたのです。

 先生は、神の前に跪き祈りの中から神秘な熱愛の力を汲みとる敬虔なクリスチャンであると同時に、人間の理性を最大に利用した科学者でもありました。先生はその熱愛と知性とによって数多くの分野において開拓者となりました。先生の活動は伝道はもちろん、労働運動、農民運動、協同組合運動、平和運動、社会事業等に広く及んでいます。

 先生はその広い活動分野において人類に一つのことを教えようとしていたように思います。それは「生きる工夫」です。「如何にして人類は愛しあって生きることができるか」という課題迫求は、先生のすべての事業の誕生の原因であったように思われます。故に先生の事業は複雑多岐であると同時に単一目的的です。

 先生の数多くの事業と、その単一目的性を理解するためには、先生の多方面での同労の方々にペンを執っていただくのが最良の方法と思いました。幸い十二人の方が私達の願望に応えて下さいました。十二本のペンによって先生の人格、思想、事業が描き出されました。

 本書ができるまでには多くの方々のお世話になりました。北川信芳氏は出版の企画その他あらゆる点て私達をお世話下さいました。横山春一氏は編集面において、未熟な私達を親切に御指導下さり、又種々の資料を提供して下さいました。明治学院では園部不二夫教授、若林竜失教授、村上和男助教授をはじめ多くの方々のお世話になりました。高橋源次学長の御激励も忘れることができません。学生自治会、ラマート文庫、生活協同組合からはあたたかい御援助を頂きました。叉本書の出版の為に陰でお祈り下さった多くの方々のあることを憶え、心から感謝致します。

 最後に本書の出版でお世話になった教文館社長武藤富男氏、同出版部三好昭太郎氏に衷心からの感謝を捧げます。

   一九六〇年十一月
                           明治学院大学基且教学生会





                     序


 賀川先生の伝記は、アメリカでは何種類も書かれましたが、日本では横山春一氏のものだけでした。「百三人の賀川伝」は賀川先生の御病気中に私が編集し、その召天後に出版したのですが、これが日本における第二の賀川伝です。ところが本年秋、明治学院大学基督教学生会の学生諸君が、十二人の方々に原稿執筆を依頼し、十二の観点から賀川先生の生涯を書くという企画を私のところに持ってきましたので、私はこれに賛意を表わし、出版を引き受けました。

 それは第一に、学生諸君が、明治学院大学の先輩である賀川先生の伝記編集を計画し、実行に移すということが、この上もなく尊い仕事であると感じたからであり、第二に、十二人の執筆者が、賀川先生と親しい交わりをもち、またその事業を助けた方々であり、賀川先生の生涯を書くのに最もふさわしい方々であると思ったからです。

 「百三人の賀川伝」は、編者が特定の人を意図せず、おのずから盛上がる賀川崇拝と賀川追想とを集めたものですが、この賀川伝は、編者が一つの目的をもって十二人の方々に、偉人賀川を書いていただいたもので、賀川伝としては、一つの特色をもち、また賀川研究の資料として貴い記録をなすものと存じます。

 今後、いろいろな人たちによって、あらゆる角度から賀川豊彦が、記録され研究されて二十世紀の偉人が後世によき影響を与えるようになることを祈りつつこの書を世に送ります。

   昭和三十五年十二月五目
                               武 藤 富 男



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。