スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賀川豊彦の畏友・武内勝氏の所蔵資料より(37)

img619.jpg


    賀川豊彦独特の飾り文字!  

 前回取り出した昭和18年10月5日の「斎木進之助・ミツル結婚式」に係わる、賀川の武内宛の頼みごとを記した書簡の中に、「葺合労働紹介所」の用箋のウラを用いた2枚の、豊彦得意の「飾り文字」(正確には何というのでしょうか「袋文字」というのでしょうか)の書かれたものが入っていた。

 これは多分、賀川の書簡には同封されたものではなく、そのころ賀川が、武内一家も生活の拠点としていた兵庫県西宮市の一麦寮を訪ねたときに、遊び心で書き残したものを、武内が大切にそれをここに差し込んだものではないかと思われる。

    *      *      *      *

君袋文字:


「君が代は千代に八千代にさざれ石巌となりて苔のむすまで」
「武庫 武内邦子 瓦木 勝 村 武内久仁子」


袋文字・瓦


 また、<「之は目ヲ閉ジテカク」??><「之はヨソミシテカク」??>というのもある。

 「君が代」と一麦寮のある「武庫郡瓦木村武内勝」、そして武内夫妻の「三女」(昭和20年の武内日記に「三女」とある)「武内久仁子」(昭和8年4月11日生まれ)。「武内邦子」は・・・

 もうひとつの方は、「目を閉じたり、よそ見したりして書いたもの」であるから、文字なのか絵なのか、いずれも何のことかさっぱり分からない! 

    *      *      *      *

 「新川献身」のはじめのノート「雲の柱 露の生命 千九百拾年 救霊団」の表紙は彼独特の「飾り文字」が見られ、この中の例えばあの「狂ひ」という処女詩集「涙の二等分」に収められた詩の題が、「飾り文字」である。

 また、同じく賀川の初期ノートで、「大正元年十二月十七日 溢恩記」にある詩「涙の二等分」もそうである。


img617.jpg


 また「福音書の現れたるイエスの姿」(別掲)「神との対座」(いずれも警醒社書店、大正14年)の表紙や「人間として見たる使徒パウロ」「神による解放」(いずれも同書店、大正15年)の背文字なども、賀川自筆の「飾り文字」である。


img618.jpg


    (2009年8月4日鳥飼記す。2014年2月21日補記)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。