スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『賀川豊彦再発見ー宗教と部落問題』第5章「賀川豊彦の『協同・友愛』『まちづくり』ー創立期の水平社運動と戦前の公営住宅建設」第2節「『まちづくりの夢』

今回から第2節『「まちづくり」の夢』に進みますが、第1項の「賀川の『葺合新川』での試み」のはじめに、布川弘先生の労作『神戸における都市「下層社会」の形成と構造』(1993年、兵庫部落問題研究所)の研究成果を取り込んで書いています。


神戸の都市形成と部落問題に関連する先行研究は多くありますが、布川先生のこの労作は最も有益で、本格的な著作として評価の高い作品です。ここに、本書のはじめと目次をアップして置きます。



1



2



なお、布川弘先生のその後の労作のひとつに『近代の社会的差別』という作品があります。


この論文は、私が兵庫部落問題研究所に在任中、雑誌『月刊部落問題』の1995年1月号(第218号)より、途中で雑誌名を『月刊人権問題』に改めて、それが終刊となる直前(2005年2月号(第338号)まで、およそ10年間に及ぶ、長期連載をしていただいたものです。


これには、「新川」の形成、「細民部落改善」と部落問題、賀川豊彦と「新川」、友愛会の歴史的意義と社会事業、などの主題をめぐる専門的な研究です。


惜しいことにこれらはまだ、著書として公刊されていないのではないかと思われます。是非、これは完成させていただいて、万一先生のお許しが得られるものならば、月刊誌に連載させて頂いたものだけでも、神戸の賀川ミュージアムの研究資料の中にアップしていただいて、先生の貴重な研究成果が活かされていけば、と願っております。


ご存知のように布川先生は現在、広島大学の教授として大活躍の御方です。
かつて先生のご講義も何度かお聴きしましたが、先生の教授法には、個人的にも大いに啓発されたものです。久しくお会いしていませんが、賀川研究の分野においても、さらなる進展を期待しております。





               *           *



では、今回の箇所を掲載いたします。



3



4



5



6



(この節は、次回に続く)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。