スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賀川豊彦の畏友・武内勝氏の所蔵資料より(76)


   「武内祐一所蔵アルバムA」から(2)   

 前回より「武内祐一所蔵アルバムA」をお目にかけている。
 このオフィシャルサイトを主宰しておられる伴 武澄さんの方で、写真も大きくアップしていただいているので、ご一緒に武内さんのアルバムを開いている感じが出ている。

 さて今回の第2回は、第1回の写真5枚に続いて、武内勝の若き日の仕事仲間たちと写された4枚をご紹介する。どれも正確な場所と時も判らず、武内以外の人物の特定も出来ていない。


 写真1
 武内が前列中央に帽子・ネクタイ・コート姿で写っている。和服と洋服が混在している時代のものである。これは「神戸購買組合」のメンバーではないかと言われる方もあるがどうであろう。

1写真


 写真2
 武内は中列左端であるが、これは学生2人と色眼鏡の男性のほかは帽子はなく和服姿である。子供もいるが働き盛りの青年男女である。さてはて、これは何処であろうか?

写真2


 写真3
 前の真ん中に座ってあちらを向いているのが武内勝であるが、みな正装をしてどなたとご一緒であろう? 何処なのであろう?

写真3


 写真4
 武内は中列右から3人目の蝶ネクタイの好男子。これもなぜか武内は数名の者と一緒にあちらを向いている。建物の看板は「労働文化」が見える。
 この建物の壁の作りが写真2と似ているが、どうであろう? 写真2とは、武内の顔を見ても、大分時を異にしている感じがするけれど。

写真4


 付記
 近所の古書店で、大変珍しい本――賀川豊彦の昭和6年の作品『尽きざる油壷』(新生社)――を見付けて買い求めることが出来た。嬉しいですね。表紙と賀川の「口絵」を収めて置きます。

img772.jpg

img773.jpg


 (2009年11月18日鳥飼記す。2014年4月27日付記)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。