スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『賀川豊彦の贈りものーいのち輝いて』(はじめに)

前回より「賀川豊彦生誕100年記念」(2009年)の少し前に刊行した『賀川豊彦の贈りものーいのち輝いて』を、少しずつ掲載しています。


今回はその2回目ですが、ここで触れている私たちの「番町出合いの家」については、ちょうど今、別のブログ「対話の時代 宗教・人権・部落問題」で、『在家労働牧師を目指してー「番町出合いの家」の記録』を連載中です。学生時代の頃からの試行錯誤の記録ですが、こうして記録できることは、とても不思議な想いがいたします。


それには、若き日の写真も探し出して掲載していますが、そこにも収めた1枚の写真を、はじめにここにも収めて置きます。「番町出合いの家」の自称「労働牧師」として、ゴム工場の雑役として働き始めた時のものです。



1



以下、「はじめに」の第2回目です。毎回短い掲載になりますが、これがブログなんですね。また、文字をも少し大きくしたいのですが、どうもまだ私の手には負えないようで、読みにくいままです。くわえて、斜めになったり、欠けた部分もあったりして、みっともないことですが、しばらくはこのままで進めます。あしからず。



2



3



4



5


次回は、この頁から掲載します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。