スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(23)

             えはがき
                     岩手県発行の絵葉書カバー

    第23回 『肉眼に見える星の研究』(3)

   宮沢賢治と賀川豊彦

賀川豊彦とは8歳年下になる宮沢賢治(1896~1933)のことは折々話題なる。
身近なところでは、雲柱社の現理事長・服部栄氏が、1984(昭和59)年5月の「賀川豊彦研究」(本所賀川記念館)第4号の巻頭言に「宮沢賢治と賀川豊彦」と題する小文を寄せておられた。当時本所賀川記念館の主事をされていた。貴重な文章であるので、ここに取り込んでおこう。

巻頭言服部の

「宮沢賢治の世界」は今や国際的な広がりを見せているが、今回「KAGAWA GALAXY吉田源治郎・幸の世界」をスタートさせることとなったのも、源治郎がこの『肉眼に見える星の研究』を書き上げ、それを宮沢賢治が読んでいたのではないかということを、そっと耳打ちされたことが、実は大きな要因であった。

源治郎牧師が「星の研究」をしていた事実だけでも、インパクトの強いものであったが、それに「宮沢賢治」が加わると、「吉田源治郎の世界」は俄然、その輝きを増してくるというものである。

    大沢正善「宮沢賢治と吉田源治郎『肉眼に見える星の研究』」

ところでいま私に出来ることは、ここでひとつの論文を紹介することだけであるが、題名もそのものずばり、「宮沢賢治と吉田源治郎『肉眼に見える星の研究』」という大沢正善氏の本格的な研究論稿である。

1989(昭和64)年の「奥羽大学歯学誌」(Vol.16(4) pp.184~201 )に掲載されたもので、「本論稿をまとめるのに約3年を費やし」た、と書かれているが、大沢氏は、日本近代文学の研究者として賢治研究でも名高いお方ようである。執筆当時は奥羽大学で教鞭をとられ、現在は岐阜聖徳学園大学教育学部の教授としてご活躍中である。

冒頭に掲げた「岩手県発行の絵葉書カバー」は、この論文執筆中の大沢氏が、1987(昭和62)年3月、吉田摂氏夫人・洋子氏宛てに届けられた封書に入れられた絵葉書のカバーである。その折の書簡には、「花巻の賢治記念館そばの『西洋料理店山猫軒』の売店で購入した絵葉書を同封しました」として、次の言葉もあった。

「・・3月に入って上京し、神田の古書店街に行ってみました。科学系の古書店を調べて、探し回っているうちに、思いがけず、『肉眼に見える星の研究』の関東大震災以前の初版本を発見し、購入してきました。幸運というほかありません。
その「序」には「私は、約5年ほどの伏見生活の記念として、本書を刊行し得たことを、何よりも嬉しく思ってゐる/私は、8月末、なつかしい此地を暫く去って、アメリカへの旅に上らうとしてゐる--/大正11年7月21日」とあり、初版本の刊行時日は奥付にある「大正11年8月20日」のことと思われます。この日付は宮沢賢治の『注文の多い料理店』という童話集の所収作品の成立時期を知る上で重要な鍵を握っているためにこだわってしまったのです。これからは、この初版本を頼りに、天文学も自分なりに勉強して、賢治研究に役立てようと思います。」

えはがき山猫

上の「山猫軒」は絵葉書の裏にあるもので、下は、10枚入り絵葉書の内の1枚である。

えはがき星列車

大沢正善氏の論文は、源治郎の『肉眼に見える星の研究』の初版本の発見・購入をばねにして、前記の通り「約3年を費やし」、1989(昭和64)年12月の発表となったのである。
 
ところで、今回は当初、この大沢氏の労作を要約して紹介して置こうと考えていたが、そんなことがいまの私に出来る筈もないことである。恐らくこの本格的な論稿に対しては、既にいくつかの論評など出ている筈であり、この主題に関連する今日の研究状況については、改めて学んでいく必要がある。

それでここでは、大沢氏の論文の最初に触れられている草下英明『宮澤賢治と星』(宮澤賢治研究叢書1、学芸書林、1975年)の「賢治の読んだ天文書」の項を、全文取り出して置き、最後に大沢論文の一部のみを、素人のコメントを加えず、資料として紹介することにする。

     草下(くさか)英明『宮澤賢治と星』の「賢治の読んだ天文書」より

草下英明(1924~1991)は、NHKの科学番組で「星のおじさん」として親しまれ、『星の百科』『星の文学・美術』などの多くの著作やH・A・レイ『星座を見つけよう』などの翻訳書を残している。

草下は、『宮澤賢治と星』を自費出版として1953(昭和28)年に甲文社で出版した。これを一部推敲を加えたものを、今回収める「宮澤賢治研究叢書1」として学芸書林より、1975(昭和50)年に出しているのである。この作品はさらに1989(平成1)年、新装版として同書林より刊行されたらしい。

なお、本叢書の「あとがき」には、「甲文社」版は自費出版で刊行元も「有名無実である」と書かれている。下の写真はその「甲文社」版であるが、表紙の題字は、宮澤清六氏にお願いして、賢治の書体をなぞってもらって印刷したものだそうである。ともあれ、草下の労作は、一定の話題を生んだのであろう。

星賢治と

賢治研究

文章1

文章2

文章3

文章4

文章5

文章6

文章7

文章8

文章9

文章10

大沢正善論文は、宮澤賢治の作品展開と重ねて、源治郎の作品との関連を、精緻に論証した重要論文である。この場での部分的紹介はやはり困難である。従って、ここには冒頭の頁と注記を含む末尾のみを収めさせて戴く。 

大沢論文1

大沢論文末尾のみ

大沢論文末尾注記
           
    (2010年6月23日記す。鳥飼慶陽)(2014年7月1日補正)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。