スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(55)

55-1表紙

  第55回 吉田源治郎著『新約外典の話』(昭陽堂書店、昭和3年)

「四貫島セツルメントと吉田源治郎」を追って来て、前回は昭和3年のところを一応終え、今回から昭和4年に進む積もりでいた。しかし源治郎の著作の中に、昭和3年12月に昭陽堂書店より上梓されている作品『新約外典の話』のある事を忘れていた。

時代が激しく動き「四貫島セツルメント」の活動も益々大きく展開していく中で、源治郎はこれを書き上げていた。

冒頭の絵は、本書の扉にあるもので、「ガドの天国の家」の文字のある薄紙が添えられ、三木武雄の作品である。

55-2表紙とせ表紙
上は本書の表紙で165頁の上製本である。

55-3文庫広告

上にあるように、本書は「聖書物語文庫:全24巻」の最終巻として企画され、本書は「第23回配本」とあるので、ほぼ予定通り刊行されたようである。

これを見るとこの「文庫」は、賀川も顧問の一人となり、執筆もしている。執筆者の顔ぶれを見ても、この時代の基督教教育関係の源治郎の仲間たちで、児童向けの読み物となっている。

55-4家庭新聞表紙

本連載の第3回で『基督教家庭新聞』(日曜世界社発行、西阪保治編集発行人、第20巻第1号~第12号の1年分の合本)の事に触れていたが、あれは丁度この頃のもので、いま確かめてみると「昭和2年」のものである。そこでは短く次のように記していた。

「『基督教家庭新聞』はA4版 で34頁立ての本格的な月刊雑誌で、広く読者を獲得していたのでないかと思われる。大阪に拠点を置く「日曜世界社」で、賀川豊彦とその仲間たちの、それこそ「KAGAWA GALAXY」の交流の広場となっていたのではないかと想像させられた。『日曜世界』という出版物もあったようであるが、「日曜世界社」の刊行物のすべてに目を通せば、お宝が満載であるのかもしれない。この新聞が何時から何時まで発行されていたのか未確認であるが、この『合本』は昭和2年の第20巻であるから、明治の終わり頃から出ていたのであろうか。」と。

実はこう記しながら今日に至ってもなおこの『基督教家庭新聞』のバックナンバーの所在先を確認できていない。関西学院や同志社大学の図書館にはこれらは揃えられている筈であるが、どうもそれもおぼつかないことですが。

今日「新約外典」の研究は進み、特に「トマスによる福音書」など注目を集めているが、この作品は「新約外典」の研究書ではなく、次のような4章構成の読み物である。
第1章  イエスの生い立物語
第2章  トマス物語
第3章  テクラ物語
第4章  パウロの殉教物語
確かめてはいないが、本書はその後、昭和11年に基督教出版社の基督教文庫として『新約外典』の書名で刊行されたようである。

本書の巻末に「解説」が付されているので、参考までに、本書の書き出しのところと共に、それのみを収めて置きたい。

55-5第1章イエスの生い立ち

55-6つづいて解説

55-7解説のつづき

55-8解説のさらなる続き

55-9新約外典はの2行分

   新約外典ストーリー:「テクラ信行記」

源治郎は、昭和29年1月13日から3月20日までの週刊紙に序を含めて8回標記の作品を連載し、それを原稿用紙に貼って残していた。赤羽末吉の挿画があるが、ここではそれを除いて繋ぎ合わせ収めて置きたい。いずれ機会を見つけて読みやすくテキスト化しておきたい。(多分これは「キリスト新聞」に掲載されたのではないかと推測される。)

55-10テクラ記はじめ

55-11テクラの続き

55-12テクラの続きの続き

55-13テクラのさらなる続く

55-14テクラのさらに続き

55-15テクラのもっと続き

55-16テクラのさらに

55-17テクラの最後

前記のように、吉田源治郎は自分でこの作品を切り抜き、原稿用紙に貼り付けていて、この度一読して面白くもあり、少々面倒ではあったが、コピーをして張り合わせて見た。しかし下手な仕上がりで、途中消えている箇所もあり、読み通すのは容易ではないが、こうして残す事ができて満足である。源治郎の処女作『児童説教』やこのような作品は「吉田源治郎の世界」に欠かす事の出来ないものである。

   (2010年8月28日記す。鳥飼慶陽)(2014年8月3日補正)    




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。