スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(56)

56-1写真
1929(昭和4年)正月3日間(この写真は両端20人ほど写っていない)

   第56回 四貫島セツルメントと吉田源治郎(14)

さて、1929(昭和4)年の幕開けは、前年正月開催の第1回に続き、第2回イエスの友会冬季福音学校(於・大和高田町;上の写真)であった。賀川・杉山・吉田ら常連の顔が並んでいる。しかも関西と関東(於・本所基督教産業青年会)で同時開催となった。

福音学校の詳しい記録と講演内容は、イエスの友会の機関紙「火の柱」と賀川豊彦個人誌『雲の柱』に掲載されているので、ここには主に、吉田源治郎による「四貫島セツルメント」のレポートに絞り、この年の動きを見て置きたい。

  『四貫島セツルメント創設五十年記念:五十年のあゆみ』(昭和50年)より

この記念誌については前にも取り上げているが、「五十年のあゆみ」とはいえ戦争などで記録が失われ、草創期から昭和20年(吉田源治郎在任期間)の記録は僅かに20頁ほどに纏められている。

先ずはじめに「昭和初期より終戦まで」の項目の(1)「教会活動と日曜学校」の記述を取り出して置く。下の14行のみである。

56-2歩みの1

  吉田源治郎による「四貫島セツルメント」報告(昭和4年分)
『雲の柱』(昭和4年3月号)


56-3セツルメントの写真

56-4写真につづいてセツルメントの日曜学校文章

    『雲の柱』(昭和4年6月号)

56-5雲の柱4年6月に下

    『雲の柱』(昭和4年8月号)

56-6雲の柱の下に写真

56-7その写真の下にセツルメントの時間割

56-8その続きで四貫島のこのごろ

      『雲の柱』(昭和4年12月号)

56-94年12月号の「報告」


     この頃の写真たち

下は昭和4年の四貫島セツルメントのクリスマス 

56-10この頃の写真その1

下は不詳 右前は吉田源治郎
56-11写真のつづき

下は昭和3年頃?四貫島SS教師たちが正月、吉田源治郎の自宅(今津)に集まりスキヤキ会を開く。
前列・源治郎の隣が長女敬子 乗り物に乗る男の子は次男恵 母・幸は前列左2人目のようである。

56-12写真のつづき

   次は撮影年不祥 四貫島セツルメント前に立つ源治郎
56-13セツルメントの前に立つ吉田

源治郎は、昭和4年の1年間も例の「シュワイチェルの文明哲学」(5回)の翻訳と共に、名著紹介のような論文「教会博愛事業の歩み」(3回)、「キリスト教社会愛史」(2回)など数多くの執筆を続けている。

   「神の国運動協議会に臨みて」(「火の柱」第31号:昭和4年11月)より

最後に、標記のタイトルの短いメモ書きがあるので、ここに収めて置く。

56-1431号の神の国運動記事

吉田源治郎は、今回冒頭にあげた正月の冬季福音学校を皮切りに、恒例の農民福音学校やイエスの友会全国大会(今回も多武峰)など大活躍であるが、「火の柱」や『雲の柱』などに詳しく取り上げられているので今回は省略した。
   
    (2010年8月30日記す。鳥飼慶陽)(2014年8月4日補正)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。