スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(60)

60-1写真

    第60回 四貫島セツルメントと吉田源治郎(18)

さて、1932(昭和7)年の幕開けは、恒例の正月開催の「イエスの友冬期福音学校」である。
会場は上の写真のように、前年暮れに完成した農民福音学校寮「一麦寮」であった。
「神の国運動」で全国をかけめぐる賀川豊彦は、ハルと長男純基と共に参加し、「人生の建築師」と題する「日本農民福音学校校舎献堂式講演」を、正月2日に試みている。この講演筆記は『雲の柱』昭和7年4月号にある。

 「火の柱」第48号(昭和7年2月)には、冒頭の写真に加えて下の「出席者名簿」も掲載されているが、それを見ると吉田源治郎・幸夫妻、間所兼次、山本一清、杉山元治郎、村島帰之など常連100名余の名前が並んでいる。

60-2出席者名簿

ところで、賀川の献堂式講演が収められている『雲の柱』4月号の「編輯後記」で金田弘義が、吉田源治郎の病気入院に触れたところがあるので、その部分を書き出して置く。

 「吉田先生が一時重態であられたが、すっかり回復され退院の日も近くなったのは、諸氏の御加祷の賜として感謝せざるを得ない所であるが、更に尚ベッドに臥しながら本誌のために有益な論文を賜った事はより感激的である。社会愛が斯る努力の背後に隠れてゐる事を見落とす人はないであろう。」

正月のこの福音学校には夫妻で参加しているので、病気はその後のことであろう。源治郎の体調不良のことや、まして入院治療など初耳であるが、「一時重態」とはどういうことであったのであろうか。

金田が記しているように、『雲の柱』のこの号に「1932・3・18午後、○○病院のベッドの上にて―」として、7頁にわたる論文「旧約聖書に於ける兄弟愛の研究―貧民への愛を主題として」を書き上げ、寄稿している。

新築完成の一麦寮に於ける最初の日本農民福音学校は、2月11日開講式、3月10日閉校式となっているが、金田がその報告を短く『雲の柱』の同じ号に寄稿しているので、次に取り出して置く。従来の10名の規模から倍近くになり、わざわざ賀川夫人が東京から来て食事その他の世話をした事や、藤崎盛一夫妻が1ヶ月間寝食を共にした事などが記されている。源治郎はこの時元気で、教務主任として参加していたかどうかわからない。『雲の柱』8月号の「編輯後記」で金田は「吉田先生も全く健康に快復活動してゐられる。本誌に筆を執られる日も遠くはあるまい。」と読者に知らせている。

60-3金田の福音学校記録

前年(昭和6年)の「第4回全関西イエスの友夏期修養会(於四貫島)」の写真が残されていたので、遅ればせながらここに収めて置く。昭和7年に「北港児童会館」も落成するが、この写真は落成前の場所で写されたようである。(この場所は四貫島ではなく西宮の賀川宅のようだ)

60-4その下にイエスの友写真

ところで、「西宮一麦教会前史」(前掲『五十年のあゆみ』所収)の1932(昭和7年)の項には、次の事が書かれている。

1月2日~4日 新築の一麦寮を会場に、初めてのイエスの友関西冬期福音学校(第5回)が開かれた。以来、昭和8年から16年まで毎年開かれた。
2月11日 一麦寮で初めての日本農民福音学校(第6回)が開催された。
3月 一麦寮の東隣に託児施設としてヤへ・シバ館が建てられた。
4月 賀川先生により一麦保育園(園長・賀川豊彦、主事・吉田源治郎)が創立された。
また、関西学院進学部の学生や有志の人々の応援を得て断続的に日曜学校も開かれるようになった。

賀川の主たる住まいはこの頃、東京の松沢村にあり、そこから全国に飛び回っている身であるが、賀川が「園長」であり、吉田も四貫島セツルメントの総主事の身での「主事」である。直ぐ翌年(昭和8年)には、埴生操が「主任」として働き始めている。 

 「吉田源治郎と一麦保育園並びに西宮一麦教会」に関しては、別に項を立てて学ぶ必要がある。また「吉田幸と二葉幼稚園」の項も「四貫島セツルメント」と同時並行の働きであるが、便宜上別立てにして置かなければ混乱するので、ここでは深入りせず「四貫島セツルメント」の働きの続きを見て置きたいと思う。

いずれにもあれ、この頃の吉田源治郎の仕事量は重なるばかりで、一時の静養が必要だったのであろう。入院治療と養生を終えた源治郎は、「1932・8・20朝」記したという「四貫島セツルメントの夏期児童宗教教育の試み」と題するレポートを『雲の柱』9月号に寄せている。
 
    四貫島セツルメントの夏期宗教教育の試み(7月30日~8月7日)

60-5セツルメントの短信

60-6セツルメントの短信のつづき

60-7セツルメントのつつきの写真

上のレポートに「7月初めに落成式を挙げたセツルメントの北港児童会館」のことや「ラジオ体操」のことも記されている。
その写真が残されているが、この頃のものでではないかと思われる。

60-8セツルメントの写真のつづき建物とこども

この写真は「北港児童会館」前のものである。よく読めば「北港天使保育学校臨時保育園」「無料臨時コドモ相談所」「集会案内」の看板が掲げられている。

下の写真は「四貫島教会日曜学校」と裏書されているが、この頃のもので あろうか。左端に立つひとは間所兼次のようである。

60-9つづいて日曜学校の写真(まところ)

前後するが、四貫島で開催された「第4回全関西イエスの友夏期修養会」の写真がもう1枚残されていたので、ここに挟んで置く。真ん中に写る人は間所兼次のようである。(この写真は四貫島ではなく西宮の賀川宅のようである。9月13日梅村先生確認)

60-10つづいてイエスの友写真・住宅

下の写真は、昭和7年7月22日から26日までの5日間、御殿場町外高根学園に於いて開催された「第10回イエスの友修養会」(24日午後は「第8回イエスの友全国大会」)のものである。「火の柱」第53号(同年8月)にあるもので鮮明ではないが、吉田源治郎も講師の一人として参加している。

60-11つづいてイエスの友写真きれいでない

   「大和農民福音学校」(昭和7年8月16日~18日)(「火の柱」第55号掲載)      

60-12大和農民福音学校

下の写真は、四貫島SS(日曜学校)教師会のメンバーを吉田源治郎宅(西宮市今津高潮町)に招き「お正月のスキヤキ会」が開かれるのが恒例となっていたらしく、これは昭和7年の正月の写真。
源治郎の左が妻・幸、右端は間所、前列右から3人目長女敬子・吉田ゆき・3男摂・間所基の順である。

60-13吉田宅での正月すきやき写真

 「堀江貞一アルバム」に残されていた3枚の写真がある。「堀江貞一」もここに写っている筈であるが私には特定できない。写真は「昭和5年1月19日」の日付がある。そして左下には「云いたいこと自由に云っていた時代 平・村松・土居の諸君 堀江」と書かれている。入り口に立つのは吉田源治郎。よく見れば、正面玄関のまるい電灯には源治郎考案のセツルメントのロゴが刻まれている。

写真60-14セツルメントの前で5人の

下の写真には「1932,12,11」と書かれ、「セツルメント前 松本キヨノ 馬見の兄 野村 姉」とメモがある。後列左2人目が吉田、右端が間所である。

60-15つづいて女性たちと写真

上の写真には「昭和8年2月末、村田薫さんを送別して」と堀江が書いている。
なお、松沢資料館発行『雲の柱』3号(1985年春)に堀江貞一夫妻の参加した座談会「四貫島に集まった人々」がある。
昭和60年2月26日、四貫島教会で語り合われたもので、望月武雄が司会をし、吉田幸なども出席した貴重な記録となっている。また、この号のグラビアには、四貫島関係の写真が収められている。いずれも撮影年月日は記されていないが、説明文字も含めてここに入れさせて頂く。
 
60-16つづいてセツルメントの窓にこども

60-16つづいて賀川と労働者たち7人

60-17つついてラジオ体操

60-18春日日曜学校

60-19セツルメントの大人数

                           *                   *
 
今回、「吉田源治郎の病気・入院」の事に触れたが、改めて今「火の柱」の「個人消息」の欄を見ていたら、次のことが報じられていたので、ここに挙げて置く。

 昭和7年3月号
 「蜂高識炎にて大阪住友病院にてご入院中、手術を8回受けられたが経過良好とのこと、一日も早くご退院の上西大阪のため御活躍されんことを祈る。」

 昭和7年4月号
 「住友病院に御入院中なりしも御全快の上御退院の由」

      (2010年9月6日記す。鳥飼慶陽)(2014年8月8日補正)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。