スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(82)

82-1戦争写真

   第82回 今津二葉幼稚園と今津二葉教会(6)

上の写真は、西宮夙川ロータリークラブの南野武衛(白鹿記念酒造博物館館長)らが纏めた著書(手元にはその中の数枚のコピーのみあり書名も刊行年も未確認)の20頁にあるもので、写真には「焼け野原と化した市街地一帯 後方に甲山が見える、森は戎神社」と解説が付けられている。

西宮の中心部は、昭和20年8月5日夜から6日の暁にかけて集中爆撃を受けたが、5月11日、6月5日、6月9日、6月15日、7月10日、7月19日、7月24日と連続的に爆撃を受け、大空襲となったのが8月5日夜半から6日にかけてのものであったようである。

   『幼稚園史』に記された「戦時下の保育」

82-2戦時下の保育2行分

82-3戦時下の保育つづき

82-4戦時下の保育さらにつづき

82-5戦時下の保育さらにつづく

上記の『幼稚園誌』の記述の中にも部分引用されているが、吉田幸が記した「戦時下の保育」という文章が残されているので、ここに収めて置く。

   吉田幸「戦時下の保育」
   (『基督教保育連盟関西部会創立五十年記念誌』昭和40年より)

82-6吉田の『戦時下の保育」

82-7吉田のつづき

以下、いま残されている戦前の写真の中から関係するものをいくつか収めて見たい。  
   
   戦前の写真

昭和13年 赤組 (右・吉田幸)

82-8戦前の写真13年

82-9写真のつづき
軽井沢に於ける基督教保育連盟の集いで(左端・幸 右端・敬子)

82-10写真12年軽井沢タッピング
 昭和12年 軽井沢のタッピング邸の庭で(前列右端・敬子)

  昭和3年 軽井沢のタッピング邸の庭で(前列右端・敬子)
82-11軽井沢の続き写真

 昭和16年 幼稚園と日曜学校合同の花の日礼拝
82-12昭和16年写真花の日

昭和7年 幼稚園の門の前 子どもたちは二葉幼稚園生
  母の会のドイツ料理講習会にドイツ大使館武官が見えた
82-13昭和17年門の前で

 昭和20年正月 四貫島春日出町の写真館にて 3月の空襲で焼け出された 
      (前列中央・吉田幸 右隣・摂と敬子 中央・間所基)
82-14昭和20年正月

最後に、キリスト教保育連盟発行『続・キリスト教保育に捧げた人々』(1988年)の中に、前回少し触れた「大中寅二」について書き残された大中香代の文章があるので、それを収めてこの項を終えることにする。

82-15大仲の文章1

82-16文章つづき

次回から戦前の「一麦保育園と吉田源治郎」の事を少し見て置きたい。   

     (2010年9月26日記す。鳥飼慶陽)(2014年8月30日補正)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。