スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(94)

94-1写真

   第94回 昭和26年の吉田源治郎と幸

上の写真は、昭和26年夏の「基督教保育連盟軽井沢講習会」のものである。吉田幸はこの時「基督教保育連盟関西部会」の会長を引き受けていた。

既に取り出した事のある関西部会の『創立五十周年記念誌』を見ると、大正4年にミス・ハウが初代の会長を担い、吉田幸は戦前、昭和10年と19年に2度にわたって会長に選ばれ、戦後のこの昭和26年の会長就任は3度目である。幸はそれ以後長い間、関西支部の副会長を担い続けている。

再開された今津二葉幼稚園の昭和26年3月の卒園写真は既に取り出してあるので、ここではこの頃の写真で、吉田幸と源治郎が、互いに息を合わせて幼児教育に打ち込む様子がうまく撮れている写真を1枚だけ収めて置く。

94-2吉田夫妻と子供写真

さて、前年休止となった恒例の「関西冬期福音学校」は、昭和26年正月2日から4日までの3日間、314名にものぼる多くの参加者を迎え、次の内容で開催されている。「申込先」がこの時から「西宮市今津高潮町68 今津二葉教会内 イエスの友関西連合会」に移っている事がわかる。  

94-3福音学校案内

     「火の柱」2月号より

94-4火の柱2月号1

94-5つづき2

上のレポートにあるノルウエーの百姓説教者HANS NILSEN HAUGE(1771~1824)について吉田源治郎は、「火の柱」昭和26年2月号に「農民説教の絵」の案内と共に、次の「ハウゲのこども」と題する小文を寄せている。

94-6ハウげのこども1

   第5回豊島農民福音学校(昭和26年1月12日~31日)
        吉田源治郎はこの年も、賀川豊彦らと共に「豊島農民福音学校」に出向いている。 

94-7豊島福音学校

「火の柱」昭和26年2月号より

94-8火の柱2月号

   「火の柱」昭和26年5月号より

94-9火の柱5月号

94-10つづき2

94-11つづき3

94-12つづいてイエスの友集会案内

    昭和26年の「火の柱」に掲載された吉田源治郎の「サモネット」ほか

  3月号

94-13吉田サモネット

  7月号

94-14二つ目のサモネット

94-15つづきサモネット

   10月号

94-17三つ目のサモネット

94-16寮へフトンを

94-18末尾のアンケート

今回は「昭和26年の吉田源治郎と幸」を取り出してみたが、この年の出来事のひとつとして、吉田源治郎が賀川豊彦や杉山元治郎と共に、奈良県宇陀郡伊那佐村(後に榛原町福西)へ出向いて定期的な集会を開始した事があり、今回はこれを含めて置く積りであった。しかしそれを続けると長くなるので次回に回し、ここまでとする。

伊那佐村での集会は、2年後(昭和28年)には、「日本基督教団伊那佐労祷伝道所」として正式に開設され、吉田源治郎はここに於いても主任担任教師として働く事になるのである。

    (2010年10月11日記す。 鳥飼慶陽)(2014年9月11日補正)






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。