スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(95)

95-1写真
   伊那佐伝道最初の地・福西 浦田邸

   第95回 大和榛原(はいばら)伝道所と吉田源治郎

今回の「大和榛原伝道所」の事は、前回の「昭和26年の吉田源治郎と幸」の項で取り出して置く事もできたが、ここで独立させて見て置きたいと思う。
次のコラムは、昭和26年9月3日に記した吉田源治郎のもので、伊那佐村(後の榛原町福西)の浦田善之訪問に触れており、「火の柱」9月号に掲載された。

95-2最初の吉田コラム

冒頭の写真はその浦田邸で、日本キリスト教団大和榛原伝道所40周年記念誌『流れのほとりで』(1993年)にあるグラビアの最初の頁にあるものである。
今回はこの記念誌の中から、源治郎に関連するところを幾つか取り出してみたい。

95-3記念誌表紙

95-4地図

 『40周年記念誌』には、多くの写真と共に「文集:流れのほとりで」が編まれており、源治郎らが関わった頃の手記もあるので、本多ヒロ氏の文章をここに掲載させて頂く。

95-5文章1

95-6文章2

95-7文章3

95-8写真
    昭和30年、前列中央賀川豊彦。その左吉田源治郎。 

昭和31年、船津邦光牧師就任。榛原町宮本2705の森田芳蔵宅で「大和榛原伝道所」となる。下の写真は昭和36年6月の献堂式の後で写す。源治郎は前列に。 

95-9写真36年

95-10つづいて教会堂写真35年
   昭和35年に完成した教会堂。手前は宇陀川。この頃は周囲に家はなかった。

95-11吉田・武藤写真35年
   昭和35年、完成間近の教会堂前。吉田源治郎と武藤富男。

 『40周年記念誌』の「文集 流れのほとり」からうひとつ、清水真一氏の文章を取り出して置きたい。吉田源治郎の畏友でもあった吉野丈夫のことにも触れられている。

95-12清水文章1

95-13つづき2

下の写真は、1993年7月18日、森田香代牧師(2列目右端)就任式の時のもの。『記念誌』は同年11月に刊行されている。

95-14写真1993年

最後に『記念誌』に纏められている「大和榛原伝道所40年のあゆみ」を「教会設立前夜」から、40周年記念礼拝の執り行われた1993年11月21日まで、全てを収める。

95-15あゆみ1

95-16あゆみ2

95-17あゆみ3

95-18あゆみ4

95-19あゆみ5

95-20あゆみ6

95-21あゆみ7

95-22あゆみ8

奈良県の東部山間地に建てられた、この小さな教会の40年の記録には、特別に引き付けられるものがあるが、吉田源治郎の関わりは、昭和26年の「教会設立前夜」に始まり、昭和28年の伝道所開設から昭和37年4月の辞任まで主任牧師であったようである。

その間、昭和31年からの「ラクーア特別伝道指定」を教団から受け、ほぼ6年間の取り組みがあって、昭和35年に教会堂の建設、そして昭和36年9月の「めぐみ保育園」の開設を見て、源治郎の退任となったのであろうか。

年表を見るとその後、昭和40年にも吉田源治郎は「大宇陀地区特別伝道集会」に出向いているようである。
     
     (2010年10月13日記す。鳥飼慶陽)(2014年9月12日補正)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。