スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(99)

99-1卒園式
     昭和29年3月 今津二葉幼稚園卒園

    第99回 昭和29年の吉田源治郎と幸

上の写真は、昭和29年3月卒園の園児たちと共に写る吉田源治郎と幸。この年も下のように、一麦保育園に於ける冬期福音学校が始まっている。

99-2はじめにイエスの友案内

昭和27年に小川三男の後任として四貫島教会・友隣館・保育園の責任者として就任した小川秀一も、初めてこの講師陣に加わっている。

   吉田源治郎「掌編説教」ふたつ  「火の柱」昭和29年4月号

99-3吉田説教1

「火の柱」昭和29年7月号

99-4吉田説教7月号

   「今津二葉教会週報」より

昭和29年の「今津二葉教会週報」は8月1日までのフアイルが手元にある。これを見ると、この年も前年同様、兼務する諸教会や農民福音学校をはじめ、保育関係の会合などに出向くと共に、加えて「家庭集会」や「16ミリ・トーキー映画」の上映会や幻灯映画・LPレコード<バッハ>演奏など新しい試みも始まっている。ここでは、6月27日の週報に添えられている一文と7月11日の週報だけを挙げて置く。

99-5週報1

99-6週報2

「イエスの友関西連合会」の事務局はこの時より「今津二葉教会・吉田源治郎」から「四貫島教会・小川秀一」に移されている。従って、下記の「夏期聖修会」は、小川秀一の元で企画準備され、講師陣も徐々に新しくなり、会場もこの時は大阪府立牧岡公園内のリクリエーションハウスに変更されている。    
           
99-7イエスの友案内

99-8イエスの友写真

この聖修会の期間中の8月5日に開催された全国大会の詳しい報告は「火の柱」9月号に掲載されている。ここでは以下に、小川秀一によるその報告を収める。上の写真も9月号にあるものであるが、元が小さいため拡大しても人の見分けも困難である。

前回の「火の柱」では吉田源治郎の「世界平和のために」のメモを収めたが、この号のあたりから「再軍備絶対反対・平和憲法を護れ」のスローガンが毎号続くようになる。

99-9イエスの友報告小川

99-10つづき2
               
    「四貫島宣教30年」を期して

小川秀一を迎えた四貫島は、「四貫島宣教30年」を期して、昭和29年には「四貫島友隣館」の再建に向けた新しい動きを見せていく。
              
    「火の柱」7月号

99-11火の柱7月号

99-12つづき2

四貫島セツルメント開設30年記念礼拝
 
昭和29年10月3日には、標記の「記念礼拝」が小川秀一の司式、吉田源治郎の説教「働く人と働く神」で執り行われている。これまで度々取り出してきた『四貫島セツルメント創設50年記念:五十年のあゆみ』(昭和50年)の中に、昭和28年から昭和33年までの「四貫島宣教30周年の前後」という箇所があるので、昭和29年のこの「記念礼拝」に関する部分だけでなく、長くなるがこの項を全部ここに収めて置く。

この連載では、その後の「四貫島」に於ける働きについて殆ど触れることはできないと思われるが、現在では大規模な「四貫島セツルメント」(四貫島友隣館・大阪四貫島教会・天使保育センター・ガーデン天使)へと発展し、新たな展開を見せてきている。

先の『五十年のあゆみ』以後の経緯と最新の現況を一瞥するには、2005年に纏められた『四貫島セツルメント・創立80周年:輝け、命』という労作があるのでご覧頂きたい。この『輝け、命』所収の「歴代館長の紹介」部分――吉田源治郎、小川三男、小川秀一、小川居の4氏の働き――に関しては、既にこの連載で取り出しているが、吉田源治郎にとって「四貫島セツルメント」は、やはり「青春の場所」そのものであったに違いない。

また、昭和51年に刊行された小川秀一著『恩寵七十年』も貴重なドキュメントである。  
 
99-13四貫島30周年1

99-14つづき2

99-15つづき3

99-16つづき4

99-17つづき5

99-18つづき6

99-19つづき7

99-20つづき8

99-21つづき9

99-22つづき10

99-23つづき11

99-24つづき12



 この年(昭和29年)4月にはイエス団は社会福祉法人として認可され、初代理事長に賀川豊彦が就任している。
この社会福祉法人イエス団には、坂出育愛館・一麦保育園・聖浄保育園・馬見労祷保育園・友愛幼児園・豊島神愛館・天使保育園が属し、今津二葉幼稚園・イエス団診療所・慈愛母子寮・神戸協同宿泊所は、財団法人イエス団として残留している。
      
     (2010年10月18日記す。鳥飼慶陽)(2014年9月16日補正)
     

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。