スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(102)

1-写真
  「ラクーア伝道」東京会議記念(昭和33年9月3日・青山学院大学院講堂)

   第102回 「ラクーア伝道」と吉田源治郎

 「ラクーア伝道」については、吉田源治郎の説教「前進する教会」を取り出した中にも、また源治郎が深く関わった「大和榛原伝道所」の中にも、或いは今津二葉教会の「週報」で紹介した「音楽伝道」の中にも、断片的に触れられていたが、詳しいその実像と全体像を掴んでいない。

吉田源治郎の場合、昭和のはじめの頃から賀川豊彦や杉山元治郎等と共に農民福音学校を手がけ、奈良県下や兵庫県但馬地方のなど、各地の農村に於ける開拓伝道に地道な関わりを積み重ねており、その取り組みの途上で「ラクーア伝道」という企画に呼応し、それを活かした働きをしてきたように思われる。

先ず「ラクーア伝道」と言われるものはどんな取り組みなのか、大宮博の短い書評:戒能信生・柴田彰・穂積修司共著『ラクーア―その資料と研究』(キリスト新聞社、2007年)(「本のひろば」所収)があるので、それを読んで置く。

2-本文章1

3-文章2

ここに概観されているように「ラクーア伝道」は、10年余のプロジェクトとはいえ、各地で多様な取り組みと展開を見せているようである。

関連する著書に『宣教百年記念ラクーア伝道写真集』(武藤富男篇、日本基督教団ラクーア特別伝道委員会監修)やローレンス・ラクーア著『神との冒険―ラクーア自伝』(キリスト新聞社、2002年)などがあるが、いずれも未読のものであるので、ここに取り出すことは出来ない。

    但馬日高伝道所

吉田源治郎との関わりの深かった教会の一つに「但馬日高伝道所」(現兵庫県豊岡市日高町)がある。
日本基督教団発行の『信徒の友』の「ここに教会がある」の欄に取り上げられたグラビア記事があるので、そこから写真と文章を取り出させて貰う(。掲載年月不祥)。

4-日高の地図

次の写真には 「1956年ごろ、ラクーア伝道団を迎えて」と添え書きがあるが、手前右端にほんの僅かに写る腕組みの男性は、どうも吉田源治郎のように見えるがどうであろう。

5-部屋の中の写真

6-記事1

7-記事の2

    宮城喜代子「但馬の吉田先生」『吉田先生と私―米寿記念文集』(西宮一麦教会、1977年)より

8-宮城さんの文章1

9-文章2

ところで、今回の冒頭に収めた写真は、写真裏に「1958年 ラクーア伝道東京会議記念 9月3日(水)午前9:10―4:00 青山学院大学院講堂」と記されている。

実は丁度この頃、同志社大学の学生で夏の2ヶ月間、「ラクーア伝道」の通訳の奉仕をした経験のある松村時男という方から、吉田摂氏に届けられた書簡と2枚の写真が、今回預かっている資料の中に含まれていた。

松村氏は通訳の応募をした折、吉田源治郎の面接を受けて合格となった経緯もあるらしく、書簡には次のように書かれている。

「吉田源治郎先生のおかげで、素晴らしい青春の思い出ができました。2ヶ月近い奉仕を2回やらせて頂き、英語にも進歩があり、それが為に貿易会社に就職できました。1980年には独立し、現在も働いております。グリークラブとラクーアが私の青春です。お父上には感謝です。」(書簡の年月日不祥)。

その2枚の写真は、次のものである。

10-上の写真
(上)1957年8月末 青山学院。賀川は前2列目蝶ネクタイ 吉田は後列中央

(下)「浜坂での奉仕を終え、東京での大集会 前列中央にラクーア夫妻」
前列左4人目に吉田、前列右6人目に武藤 賀川の姿は見えない 撮影年?

11-下の写真

「ラクーア伝道」の地道な検証を続けている穂積修司氏の労作が、日本基督教団播磨新宮教会『創立50周年記念誌』(2007年)に載せられている。ここには記念誌の巻頭にある「50年を振り返って」及び「資料:50年略年表」の中の「ラクーア伝道時代」を収めさせていただく。

12-歴史1

13-歴史2

14-歴史3

15-歴史4

16-歴史5

17-歴史6

18-歴史7

19-歴史8

以上、限られた資料を元に「ラクーア伝道と吉田源治郎」について辿って見た。このプロジェクトの後、既に半世紀が過ぎている。それぞれの場所で多くの取り組みを積み重ね、兵庫県下でも、関係教会の連絡会が作られ相互に交流と研鑽が続けられている。
      
        (2010年10月21日記す。鳥飼慶陽)(2014年9月19日補正)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。