スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(110)

1-写真
 西宮一麦教会創立25周年記念礼拝の後(昭和47年3月19日)

   第110回 昭和46~49年の吉田源治郎と幸(1)

昭和46年も1月2日に「新春聖修会」を大阪クリスチャンセンターで開催し、市村恭二、吉野丈夫、西村関一らが講じている。

尚、前回取り上げて置くべきであったが、昭和45年7月12日から14日まで、奈良県多武峯観光ホテルに於いて、「イエスの友会創立50周年」と「賀川先生永眠10周年」を記念した聖修会が開かれており、吉田源治郎も多くのメンバーと共に参加している。加えて同年10月10日にも、本所賀川記念館に於いて「創立50周年」を記念する集まりが開催されている。

そして、昭和47年正月(1月3日)の「新春聖修会」は一麦保育園に於いて、また「夏期聖修会」は神戸摩耶ロッジに於いて、それぞれ開催されている。

この年は、上の写真のように「西宮一麦教会創立25周年」を迎えた記念礼拝が執り行われ、吉田源治郎は、以下に掲げる記念の説教を行っている。

2-吉田

3-説教1

4-説教2

5-説教3

6-説教4

記念礼拝が執り行われた後、昭和48年4月に右のような小冊子『創立25周年を記念して』が刊行され、上の礼拝説教もここに収められている。記念誌には、森彬牧師の「<ただ一粒のまま>でよいか?」と長谷川進一郎牧師の「伝道する教会」の二つの説教の他に、関係者の特別寄稿が集められている。いずれも当時の記録として大変貴重なものであり、吉田源治郎を理解する上でも興味深い文章が寄せられている。以下にその中の幾つかを取り出して置きたい。

7-記念誌表紙

8-文章1

9-文章2

10-文章3

11-文章4

12-文章5

13-文章6

14-文章7

15-文章8

16-文章9

19-文章10

この項は既に長くなったので、次回にも続く。
 
      (2010年10月30日記す。鳥飼慶陽)(2014年9月30日補正)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。