スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『賀川豊彦の贈りものーいのち輝いて』第1章「賀川豊彦没後四〇余年」第2節「賀川豊彦生誕百年ー80年代~90年代」3「解決に向けた小さな試み」

1960年代から70年代の部落問題をめぐる激動の時代の中で貧しい思索を続けたノートを纏めた『部落解放の基調ー宗教と部落問題』は、私にとっての初めての論文集でした。絶版になっている本書は、別のブログ「滝沢克己 新しい対話的世界」ですべてUP済みですが、これらの下敷きがなければ、恐らく『賀川豊彦と現代』の書き下ろしは困難だったろうと思われます。


1


ともあれ、生来怒ることの少ない・おとなしい(?)私が、どうしても公然と語り始めなければならない時がきて、所属する日本基督教団総会議長・後宮俊夫氏宛に「質問と希望・意見」を認めることになりました。当時の関連する膨大な資料はまだ手元に残されていますが、印刷して後宮議長に提出する前の5枚分の下書きが出てきましたので、ここに最初の頁を、記念(?)にUPしておきます。


2



では、「解決に向けた小さな試み」の箇所を掲載します。



3



4


(つづく)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。