スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(112)

1-表紙

   第112回 吉田源治郎著『五つのパンと五千人』

今回は、吉田源治郎の最後の著作ではないかと思われる『五つのパンと五千人』を取り出して見る。

上に挙げた新書版の作品がそれで、「サモネットの花籠」という洒落た副題がついている。源治郎は「基督教家庭新聞」や「火の柱」など関連の機関紙で「サモセット」という珠玉の短文を寄稿してきたが、本書には45編が並べられている。新たに書き下ろしたのか、掲載済みの作品を選んだのか確認できていない。

2-はしがき

源治郎は上に収めた「はじめに」に於いて「吉野丈夫先生の協力により発刊されることになった」と記しているが、「サモネット」をこのように並べることや、ご覧のような題と美しい表紙とを構想したのは吉田源治郎であって、友人の吉野丈夫はこれと時を同じくしてご自分の著書『神戸と基督教』(神戸キリスト教書店)を出版しており、吉野丈夫のここでの「協力」の意味合いは、源治郎が「はしがき」の自署名の前に記している「宣教献身六十年を記念して」この出版を、吉野が強く後押しし、そのことへの謝意をこめて、源治郎はここにわざわざ記したのではないかと思われる。

吉田源治郎の「宣教献身六十年」というのは、源治郎が大正3(1914)年3月に三重県立第四中学を卒業し、明治学院高等学部に進学して更に神学部に進んだ、あの時を起点としているのであろう。自ら「宣教献身六十年」と述べる如く、確かにここまで見てきた吉田源治郎の生涯は、本当に「献身ひとすじ」の歩みであることを知らされる。

本書の奥付を見ると、発行日は1975年10月20日で、発行所は「西宮市甲子園高潮町7-25(吉田方)コイノニヤ社」となっている。つまり源治郎の自宅を発行所とした自費出版で、表紙に書かれているように「大阪キリスト教書店」が発売元となるものである。

尚この時、吉田源治郎は、「幻灯スライド:賀川豊彦」の製作に関わっていて、その「29コマの解説」を田中芳三が行っていたので、それを「賀川豊彦の思い出」と題し本書の「付録」として収めている。また巻末には、大阪クリスチャンセンター・大阪キリスト教書店・聖文舎西宮店と同神戸店の広告入りの本である。

上に収めた「はじめに」には、「私は、これまで「親鸞より基督へ」・「神の河は水みちたり」等のパンフレットを出版している」と書かれているが、この2冊のパンフレットは未確認のままである。田中芳三の『親鸞よりキリストへ―ぞうり履きの伝道者升崎外彦物語』(クリスチャン・グラフ社)は版を重ねた作品として知られているが、源治郎のパンフレット類というのは、以外に多くあるかもしれない。

ここでは、本書にある45篇の中から、源治郎のお箱のひとつ「星」を語った一篇と、今津二葉幼稚園児だった「若林くん」のところだけを取り出して置きたい。

3-本文1

4-本文2

5-本文3

6-本文4

7-本文5

8-本文6

9-本文7

10-本文8

付録 以下の三つの小品は、昭和50年の作品ではなく、いずれも昭和29年のもので、原稿用紙に張り付けて残されていた。それぞれ日付は書かれているが、掲載紙は判らない。忘れないために、ここに付録として収めて置く。

   昭和29年4月3日

11-附録記事

昭和29年11月20日

12-昭和29年記事

   昭和29年12月4日

13-昭和29年12月4日記事

今回はここまでで、次回から改めて昭和50年以降に進んで見たい。
     
      (2010年11月2日記す。鳥飼慶陽)(2014年10月2日補正)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。