スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(114)

1-写真
西宮一麦教会に於ける甲子園二葉教会との合同元旦礼拝の後で(昭和53年)

   第114回 昭和53年の吉田源治郎と幸

上の写真は『西宮一麦教会創立四十周年記念誌:四十年の歩み』(1988年)に収められているもので、ここには吉田源治郎・幸夫妻ともに元気な姿を見る事が出来る。

この年は「賀川豊彦生誕90周年記念」の時であるが、恒例の「関西新春聖修会」は前年に続いて開催された記録が見付からない。関西に於いてはこの年、7月26日から28日までの3日間、香川豊島教会に於いて「夏期聖修会」が開催されている。

ところでこの年、吉田源治郎と幸にとって、喜ばしい感謝の出来事が11月14日にあった。それは「日本キリスト教文化協会」が顕彰する「キリスト教功労者表彰」のひとりに選ばれたのである。この時の報道がキリスト新聞の昭和53年11月25日付けにあるので、次に収める。

2-表彰の写真
左から代理の伊藤いく代、同じく代理の山谷妙子、吉田幸、吉田源治郎、白井慶吉

3-記事

4-つづき
   
  吉田源治郎「クリスチャン・グラフ」(昭和53年7月・384号)寄稿文

5-クリストャングラフのはじめに記念館の写真

6-文章1

7-文章2

8-文章3

9-卒園式
昭和53年3月 甲子園二葉幼稚園卒園児たちと共に 初めて源治郎の姿が見えない

以上、昭和53年のものであるが、以下は付録である。前回、一麦保育園の埴生操の保育実践について取り上げた。その埴生の現役時代、4年間ともに保育に関わり、後に一麦保育園の園長を務めた中野美代が、昭和61年秋、賀川豊彦記念・松沢資料館の『雲の柱』5号に寄稿したレポートで、埴生操の思い出を綴ったものがあるので、ここに収めて置きたい。
      
      (2010年11月4日記す。鳥飼慶陽)(2014年10月4日補正)

10-追加文章1

11-文章2

12-文章3

13-文章4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。