スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(118)

1-写真
昭和55(1980)年元日のご夫妻(『西宮一麦教会四十年の歩み』より)

   第118回 昭和55~56年の吉田源治郎と幸

上の写真は、昭和55(1980)年、新年礼拝の後の吉田源治郎・幸ご夫妻の何とも素敵な姿である。

この年、『愛と希望:クリスチャン・グラフ』誌2月号で「米寿(88歳)を迎えた吉田源治郎牧師」という見開きの記事が掲載され、埴生操の詩「愛の黒いかばん」が収められている。この詩は『吉田先生と私―米寿記念文集』に寄稿されたもので、既にこの連載では取り出しているものである。

さて、この年の4月25日には、社会福祉法人・朝日新聞大阪厚生文化事業団の「社会事業に貢献した先輩に感謝する会」が、大阪天王寺の「まつむら」に於いて開かれている。

朝日新聞大阪厚生事業団というのは、吉田源治郎が戦前「四貫島セツルメント」の働きの中で積極的に連携を図ったところで、その働きに関しては詳しく紹介済みであるが、この「感謝する会」に吉田源治郎夫妻も招待され、2枚の写真――記念写真と感謝の記念品を贈られる写真――とが残されている。

2-感謝する会写真1
  感謝の記念品を受ける吉田源治郎 隣は吉田幸

3-おなじく写真2

記念品を贈る人は、事業団の太田緑という人で、彼女は偶然にも二葉幼稚園の卒園児であったらしく、「感謝の会」の後、この上の2枚の写真と共に、源治郎に宛てた手紙が届けられていた。次にその手紙を紹介させて頂く。

4-手紙

5-卒園式
  昭和55(1980)年3月 甲子園二葉幼稚園児と共に

過日(10月25日)一麦保育園での集まりの折、吉田摂氏より7本のビデオと1枚のDVDをお預かりした。その中にこの頃の卒園式と思われるものもあり、吉田幸が園児一人ひとりに声をかけて卒園証書を手渡し、お祝いの挨拶をしている映像が収められていた。

本日7本すべてを見たが、園児たちの発表会やクリスマス・ページェント、幼稚園の園長研修や1989年の幼稚園の同窓会などの映像があった。そしてその中に、甲東教会の芹野俊郎牧師が、吉田幸のインタビューを試みたものもあり、8ミリフィルムで撮影したものを4分ほどのビデオに纏められていた。吉田源治郎の映像は残されてはいないが、幸のこの映像は貴重である。

阪神間の諸教会が共催して、既に23年目を迎えたという「イースター礼拝」が、昭和55年4月6日、神戸女学院の校庭で開かれている。23年前と言えば、昭和32年からであるが、この「イースター礼拝」は、吉田源治郎の提唱によるものであったらしく、前記の吉田幸をインビューした芹野牧師から、源治郎に宛てたこの年(昭和55年)の「イースター礼拝」の報告が届けられている。

6-イースター礼拝

7-セリの手紙

8-礼拝プログラム

9-礼拝写真
 イースター礼拝で祝祷をする吉田源治郎(撮影年度不祥)

10-おなじく写真

今津二葉教会は、昭和56年3月29日に「吉田源治郎牧師引退感謝礼拝」を持っている。創立以来主任担任牧師を務めてきた吉田源治郎は、この時「神は愛である」と題して説教を行っている。『記念誌』の「年表」では「神は愛である」が、下に収める文章では「神は愛なり」とある。「深い感銘を与えた」というこの説教は、今も大切に保存されているかも知れない。源治郎はこの時90歳を越えている。

11-文章1

12-卒園式
  昭和56(1981)年3月 甲子園二葉幼稚園卒園児と共に

吉田源治郎は、上記の通り昭和56年3月29日に「牧師引退感謝礼拝」行っており、甲子園二葉幼稚園の働きも、事実上この時が最後になったのであろう。上の写真は吉田幸と並んで園児たちと写した最後の写真ではないかと思われる。
最前列に園児たちと肩を並べて写る夫妻の姿はまた格別のものがる。

尚、書き忘れていたが、昭和55年8月13日から15日まで、御殿場東山荘・高根学園・多磨霊園・松沢教会に於いて「イエスの友会創立60周年記念大会」が開催されている。この記念大会に於いて、吉田源治郎は、賀川ハル・松雄造酒蔵・大西源太郎・杉山健一郎・菅沼孝文と共に「感謝状」を受けている。

また、昭和56年のイエスの友会の「年譜」を見ると、7月27日から29日まで、京都・関西セミナーハウスに於いて「夏期聖修会」が開かれ、嶋田啓一郎が講演を行い、さらに10月1日には、賀川ハルが東京都より名誉都民の表彰を受けた事も記されている。

そして西宮一麦教会の『四十年の歩み』の「年表」を見ると、西宮一麦教会での吉田源治郎の最後の説教は「昭和55年12月14日、「待ち望む」(ルカ2:22-40)」であったようである。

吉田源治郎が日本基督教団の「引退牧師」となるのは、次回以降で取り上げる予定の「一麦保育園創立50周年記念祝典」が開催された昭和57年10月11日を終えて2ヶ月後、12月のことであった。
     
      (2010年11月7日記す。鳥飼慶陽)(2014年10月8日補正)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。