スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGAWA GALAXY 吉田源治郎・幸の世界(119)

1-写真
 昭和57(1982)年2月28日 西宮一麦教会に於ける吉田幸

   第119回 昭和57年の吉田源治郎と幸(1)

昭和57(1982)年は10月11日に「一麦保育園創立50周年記念祝典」という、吉田源治郎と幸にとっても忘れることの出来ない大きな祝い事が待っていた。今回はその前に、2月28日の日曜日、西宮一麦教会に於いて「特別礼拝」が持たれ、吉田幸の立証「思い出」が語られている(上の写真)。

この時の吉田幸の「立証」は録音されていて、一部分割愛されているようであるが、6年後(昭和63年2月)に発行された西宮一麦教会創立40周年記念誌『四十年の歩み』にテープ起こしをされて収められている。

この記念誌が刊行された時は、吉田源治郎が92年の生涯を終えて既に4年が過ぎていた(吉田源治郎は昭和59(1984)年1月8日召天)が、「記念誌」の冒頭には、「吉田源治郎先生を偲んで」在りし日の説教2篇と森彬牧師の「伝道の長距離ランナー(故人略歴に代えて)」、そして最後にこの吉田幸の「思い出」が収められていた。

既に吉田幸の「思い出」の一部は、この連載の初めのところで取り出しているが、ここでは全文を収めて置きたい。

2-思い出1

3-思い出2

4-思い出3

5-思い出4

6-思い出5

当日のものと思われる写真が数枚残されている。
次の写真は、少し拡大したので鮮明ではないが、吉田幸の隣は埴生操園長のようである。

7-当日の写真1

テーブルに食事が並び手前の少年は食べているようなので、礼拝の後に吉田幸を囲んで語らいのひとときを持っているようである。吉田源治郎の姿がないが、この日、体調が整わなかったのであろうか。

8-当日の写真2

9-当日の写真3

次の写真もこの時のもので、散会の前のようである。

10-この写真も当日の写真4

11-卒園式
 昭和57(1982)年3月 甲子園二葉教会卒園児たちと共に 吉田幸園長
    (この年より吉田源治郎は幼稚園の職務から解かれている)

今津二葉幼稚園は、昭和39年8月の町名変更に伴って、園名を「今津二葉幼稚園」から「甲子園二葉幼稚園」に変更していたが、「今津二葉教会」の方はこの年(昭和57年)4月25日の教会総会に於いて「甲子園二葉教会」へ名称変更を議決している。

前回先取りして挙げたように、この年(昭和57年)5月5日、賀川ハルは94歳でその生涯を終えた事も、改めて記して置きたい。

次回は昭和57年の大きな出来事であった「一麦保育園創立50周年記念」とその『記念誌:一麦のあゆみ』を読んで見たい。
        
        (2010年11月6日記す。鳥飼慶陽)(2014年10月9日補正)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiyousan

Author:keiyousan
このブログのほかに同時進行のブログもうまれ全体を検索できる「鳥飼慶陽著作ブログ公開リスト」http://d.hatena.ne.jp/keiyousan+toritori/ も作ってみました。ひとり遊びデス。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。